CD 輸入盤

Black Rose

Thin Lizzy (シン・リジィ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8303922
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明

ブライアン・ロバートソンに代わってフィル・ライノットの旧友であり、これ以前の作品にゲスト参加したこともあったゲイリー・ムーアが再び参加。そして1979年にシン・リジィが発表したのが本作。ルーツであるアイルランド民謡の要素をベースにしたメロディアスな音にアプローチし、ハード・ロックという範疇を越えるかのようなサウンドをモノにした。本作を彼らの最高傑作とする声も多い。

収録曲   

  • 01. Do Anything You Want To
  • 02. Toughest Street In Town
  • 03. S&M
  • 04. Waiting For An Alibi
  • 05. Sarah (Version 1)
  • 06. Got To Give It Up
  • 07. Get Out Of Here
  • 08. With Love
  • 09. Roisin Dubah (Black Rose): Part One: Shenandoah - Part Two: Will You Go Lassy Go - Part Three: Danny

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
26
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
最高傑作。ゲイリーにつきるでしょう

投稿日:2015/04/23 (木)

最高傑作。ゲイリーにつきるでしょう

ホーぺ さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
Gary MooreもPhil Lynottも大好きで、Irela...

投稿日:2012/01/12 (木)

Gary MooreもPhil Lynottも大好きで、Irelandに行くことだけに憧れを抱いている小生のような者には、このアルバムについては筆舌し難いほどの大切な思いがあります。1曲1曲の印象を挙げていけば、如何にこのアルバムの出来が素晴らしいかをお伝えするのにきりがありません。Philの魂を込めた言の葉を紡ぎ出すエネルギーと哀愁漂うメロディーに踊るベースライン、川の流れのごとくよどみの無い華麗なツインリード、そして何と言っても唯一無二のドラマーであるBrian Downey。メンバー4人中、3人がIrish魂を背負って生きてきた証の結晶がこのアルバムの誕生に繋がっているのだと思います。とにかく、Thin Lizzyを代表するアルバムであることは言うまでも無く、ROCKの歴史に名を残すアルバムであることも間違いありません。Gary Mooreのファンだけど、Thin Lizzyに手をつけてなかった方は、是非このアルバムを手に取られることをお薦めいたします。勿論、叶うことなら、すべての音楽ファンに、一聴して欲しいと願ってやみません。

nikki さん | 埼玉県 | 不明

3
★
★
★
★
★
ゲイリーが唯一フル参加し、他のアルバムと...

投稿日:2011/12/29 (木)

ゲイリーが唯一フル参加し、他のアルバムと異なり異色を放つ名盤です。先日、SACD盤をGETしました。LPやCDではマスター起因と思われるノイズが気になっていましたが、このSACDはオリジナルマスター使用のためか解消されている。また、音も艶かしく、煌びやかでいて、それでいてパンチがあり、CDでは感じられなかった音、間、空間が伝わり、魅力の再発見が出来、最高です。CDでは2枚組のDELUXE EDITIONがリリースされ未発表曲も収録され涙ものですが、『BLACK ROSE』というアルバムと向き合って聴くのならSACD盤がお勧めです。既に何枚も持っているアルバムだが買って良かった。あ〜、これが『BLACK ROSE』なんだとため息が出てしまう。但し、SACDとCDの音の差が判るような再生環境が必要です。

松田 英人 さん | 神奈川県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Thin Lizzy

シン・リジィ、アイルランドが生んだ大いなる遺産。その中心人物のフィル・ライノットの存在感、後続に与えた影響の大きさは21世紀に突入した今なお語り継がれるほどである。

プロフィール詳細へ

Thin Lizzyに関連するトピックス

おすすめの商品