CD

Live At Leeds -25th Anniversary Edition

The Who (ザ・フー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICY9849
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, ライブ盤

商品説明

ロック・オペラ『トミー』で、ロック界で不動の位置を占める事となったザ・フーが翌1970年に発表した名盤の誉れ高いライヴ作。筆者を含めアナログ時代からの多くのファンは本作の現行版『25周年エディション』を聴いてショックを受けたはず―オリジナルLPは僅か6曲(曲自体は長いが)しか入っていなかったのだから。新装版では「アイ・キャント・エクスプレイン」や「ハッピー・ジャック」、「アイム・ア・ボーイ」なんて所まで入ってる! コレは名作と言われてLP買ってみたものの、エライ音の悪かった当時以上のショックだ。ハード・ロックの原点としてのフーの姿を捉えた作品。

内容詳細

R&Bを下敷きにしたビート・ロックから出発した4人が、1970年2月14日にリーズ大学で行なった歴史的ライヴ。その25周年を記念して、当時の未発表ヴァージョン8曲を追加してリリースされた95年作品。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
15
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
僕のロックの原点がこのザ・フー。1969...

投稿日:2005/10/14 (金)

僕のロックの原点がこのザ・フー。1969年当時映画ウッドストックを見てフーを知り、すぐ購入したLPレコードがこのライブアットリーズでした。サマータイムブルースはもちろん、ヤングマンブルースにはブッ飛びましたね。それから40年近くたったいまでも彼らの曲を聴いています。中学生だった当時の青春が蘇るな〜。

きんちゃん さん | 東京 | 不明

0
★
★
★
★
★
フーは余り得意なバンドじゃないが、UKロックには...

投稿日:2005/09/11 (日)

フーは余り得意なバンドじゃないが、UKロックにはかかせん、大物です。通り一辺の評価ですいません。これ一枚しか聴いたことないので。ファンの皆様おこらないで!

ディガー さん | 福島県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ジョン最高! 個人的には9曲目以降が特に...

投稿日:2005/05/13 (金)

ジョン最高! 個人的には9曲目以降が特に良いと思う。21世紀の現在でもこのアルバムに匹敵するライブ盤はそうは無いだろう。

飛行船を見たかい? さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Who

ハイ・ナンバーズはサンデンの代わりにキース・ムーンを迎え、バンドには黄金のラインアップが揃った。またこの時期、カネに困ったミーデンがハイ・ナンバーズのマネージメント権を、キット・ランバートとクリス・スタンプという二人に売り渡すという事件が起こったが、かねがねミーデンのやり方に不満を持っていたバンドにとってはこれはかえって良い出来事といえた。彼らはバンド名を再びザ・フーに戻し、再スタートを切る。

プロフィール詳細へ

The Whoに関連するトピックス

おすすめの商品