The Rolling Stones
新商品あり

The Rolling Stones (ローリング・ストーンズ) レビュー一覧 145ページ目

The Rolling Stones | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

1486件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • マグロのぶつ切りみたいなライブ盤だが、ネタは極上。...

    投稿日:2002/05/13

    マグロのぶつ切りみたいなライブ盤だが、ネタは極上。勢いが違う!ストーンズの全作中一番スピード感溢れるのがこれだ!モノラル盤もぜひ出してほしい。

    60年代好き さん

    0
  • 「黒くぬれ」発表直後のLIVEだったと思う。まずは当時...

    投稿日:2002/05/09

    「黒くぬれ」発表直後のLIVEだったと思う。まずは当時の雰囲気を伝えてくれている。演奏の上手い下手、疑似録音の賛否とは無関係。60年代屈指の実況録音盤です。記録です。

    JINGO さん

    0
  • 本当は彼等の最高傑作なんだけど,是非UK盤で聞きた...

    投稿日:2002/05/09

    本当は彼等の最高傑作なんだけど,是非UK盤で聞きたいアルバムである。でも本当に良い曲が揃っていて,ここから彼等は完全に作曲に自信を持ったんじゃないかな。音楽そのものは満点なんですが,個人的思い入れによりマイナス1点した。

    JINGO さん

    0
  • 発表当時は米国輸入盤しか出されず,価格も高く憧れだ...

    投稿日:2002/05/09

    発表当時は米国輸入盤しか出されず,価格も高く憧れだったアルバムでした。その思い入れの分ファンも多いアルバムでしょう。ジャケット写真が印象的で,音楽と合っている感じが良い。

    JINGO さん

    0
  • レットイットブリードで2000ねんまでつづくストー...

    投稿日:2002/05/02

    レットイットブリードで2000ねんまでつづくストーンズが形成されたと思う。このアルバムは最終段階の実験室だと思う。しかしレットの布石ながらすごすぎます!でもいつだってストーンズはニユーアルバムが最高です。

    ブービー さん |20代

    0
  • 恐らく彼等のキャリアーの中で最も演奏能力の充実して...

    投稿日:2002/04/27

    恐らく彼等のキャリアーの中で最も演奏能力の充実していた時期のLIVEである。後の多くのLIVE音源と聞き比べても、テイラーの存在によるアンサンブルのまとまり感は一番でしょう。その分ワイルドさが減少しそうだが、そこはジャガーの歌がカバーしている。ジャケットも良いな。

    JINGO さん

    0
  • プロデュースの際立った秀作である。アルバム全編を通...

    投稿日:2002/04/27

    プロデュースの際立った秀作である。アルバム全編を通して統一感のある泥臭いサウンド作りがされているが、ポイントはアコースティックギターでのストーンズ流ロック。次作ほどの派手さはないが、以後の彼等の音作りの原型が聞ける。マニアのファンも多いと思う。

    JINGO さん

    0
  • SATISFACTIONのステレオ版を聞くだけでもファンには価...

    投稿日:2002/04/24

    SATISFACTIONのステレオ版を聞くだけでもファンには価値あると思う。以前は2枚に分割されて出ていたものでしたね。ところで、日本盤1枚ものになってこの価格は本当なんですか?HMVさん?

    JINGO さん

    0
  • Sgt.PEPPER’Sが初対面の頃の感動を無くしつつあるこ...

    投稿日:2002/04/24

    Sgt.PEPPER’Sが初対面の頃の感動を無くしつつあるこの頃、嘗て音の洗濯機と表されたこのアルバムの音楽は逆に輝きを増しつつある。 各曲の作曲の出来はむしろ前作以上と思う。もともと時流に乗ることを嫌わない彼等の音楽活動の流れからすれば、B4を意識した物があっても当然の事である。 本人達がどう言おうと、リスナー達は当時結構満足していた物ですよ。

    JINGO さん

    0
  • 60年代後期から70年代まで引きずっていた彼等の悪...

    投稿日:2002/04/05

    60年代後期から70年代まで引きずっていた彼等の悪魔的イメージを一掃する、とてもパワフルかつ健康的だった81年アメリカン・ツアー。異常に元気なミックとロニーによく笑うキース、相変わらず控えめなチャーリーにビル。ご機嫌なロックンロールショーを堪能できる作品です。

    96rock さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%