CD

Still Life

The Rolling Stones (ローリング・ストーンズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCP53024
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

1981年北米ツアーの模様を収めたライヴ作(1982年発表)。デューク・エリントンの“A列車で行こう”のイントロに導かれ、往年の名曲“アンダー・マイ・サム”が始まる。以降エディ・コクランとミラクルズのヒット曲のメドレーなども披露。『ラヴ・ユー〜』と比べるとやはり「弱い」ことは否めないが、若々しくモンキー・ビジネスを全うするミックと元気になったキースが最小限のサポートでシャープに聴かせる音はファンならばぜんぜんOKでしょう。

内容詳細

81年秋の全米ツアーの模様を収録したライヴ盤。“始め”と“終わり”の曲が66年発表の初ライヴ盤『ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!』と同じ曲なのは、きっと「昔のオレらと較べてみろってんだ!!」ってことを言いたいんだろう。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
8
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
アメリカのニューオーリンズで初めて生のス...

投稿日:2010/07/24 (土)

アメリカのニューオーリンズで初めて生のストーンズを見たのがこのツアーの時でした。個人的にはこの時期のストーンズまでが本当の意味で現役だったと思っています。それでも30代後半のストーンズのメンバーに対して若いロックファンはジジイ扱いをして最後のツアーだといわれていましたね。音質的には、アナログ盤が最も奥行きがあってライブの臨場感を再現していたように思うのですが。

ヒロ さん | 大阪府 | 不明

2
★
★
★
★
☆
恐らく発売元がEMIからユニバーサルに移行した時...

投稿日:2009/09/20 (日)

恐らく発売元がEMIからユニバーサルに移行した時点で旧マスターをそのまま流用はしないと思う。同じく発売元が変わったブラック・サバスもわざわざリマスターし直して売ってたからね。まぁ個人的には今持ってるEMIで満足してるから、CD劣化しない限り買い替えるつもりないけどね(笑)

タカヒロ さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
このライブ盤の再発は一連の90’sリマスタ...

投稿日:2009/09/16 (水)

このライブ盤の再発は一連の90’sリマスター再発シリーズの一環なのでしょうか?リマスターという記載はないんだけれど、どうなんだろうか?

あわとひえ さん | 埼玉県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Rolling Stones

今更改めて言うことでもないけれど、ローリング・ストーンズは半世紀以上に亘って活動しているロックンロール・バンドだ(ロックンロールの部分に、ある人はブルースを入れてもいいし、R&Bあるいはポップだって構わない)。この事実が意味するところは、現在居る彼らのファンの半数以上にとって、ストーンズとは、

プロフィール詳細へ

The Rolling Stonesに関連するトピックス

おすすめの商品