SHM-CD

レディース&ジェントルメン 【デラックス・エディション】 (SHM-CD+Blu-ray)

The Rolling Stones (ローリング・ストーンズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICY78339
組み枚数
:
3
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
限定盤, Blu-ray Disc付き, デラックスエディション

商品説明

ザ・ローリング・ストーンズの絶頂期と名高い、アルバム『メイン・ストリートのならず者』リリース後、1972年の北米ツアーをとらえた伝説のライヴが、初となるCD、ブルーレイ2枚、ブックレット、ポスター、ポストカードをセットした日本盤のみの豪華ボックス仕様で登場!
史上最高のライヴ・バンドとも謳われるストーンズ、その長い歴史の中でも、キース・リチャーズとミック・テイラーのギター・アンサンブルが円熟の域に達したこの1972〜1973ツアーが、まさに最強だったということは多くのファンが認めるところ。ミック・ジャガーも後年、この時期が最も音楽的に充実していたと語っている。

CDとBlu-ray 1に収録されるのは「ブラウン・シュガー」「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」「ダイスをころがせ」等の代表曲から、「むなしき愛」「無情の世界」「ミッドナイト・ランブラー」といったステージでのハイライト・ナンバー、更には1972年ツアーでしか演奏されていない「バイ・バイ・ジョニー」など、当時のセットリストをほぼ網羅した15曲。
BLu-ray 2には、アルバム『メインストリートのならず者』のオフィシャル・ドキュメンタリー映画『ストーンズ・イン・エクザイル』を収録。

日本盤のみのボックス・セット
ボックスサイズ: 155mm(W) x 155mm(H) x 30mm(D)

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

『メイン・ストリートのならず者』のリリース後、ストーンズ絶頂期の1972年の北米ツアーを捉えた伝説のライヴが初CD化。代表曲のほか、この年のツアーでしか演奏されていない「バイ・バイ・ジョニー」など基本セットリストを網羅した16曲を収録。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   2

  • 01. イントロダクション / Introduction
  • 02. ブラウン・シュガー / Brown Sugar
  • 03. ビッチ / Bitch
  • 04. ギミー・シェルター / Gimme Shelter
  • 05. デッド・フラワーズ / Dead Flowers
  • 06. ハッピー / Happy
  • 07. ダイスをころがせ / Tumbling Dice
  • 08. むなしき愛 / Love In Vain
  • 09. スウィート・ヴァージニア / Sweet Virginia
  • 10. 無情の世界 / You Can’t Always Get What You Want
  • 11. オール・ダウン・ザ・ライン / All Down The Line
  • 12. ミッドナイト・ランブラー / Midnight Rambler
  • 13. バイ・バイ・ジョニー / Bye Bye Johnny
  • 14. リップ・ジス・ジョイント / Rip This Joint
  • 15. ジャンピン・ジャック・フラッシュ / Jumpin’ Jack Flash
  • 16. ストリート・ファイティング・マン / Street Fighting Man
  • 17. Shake Your Hips [Music Video]
  • 18. Tumbling Dice [Music Video]
  • 19. Bluesberry Jam [Music Video]
  • 20. Old Grey Whistle Test Interview [Interview]
  • 21. Mick Jagger Interview 2010 [Interview]

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
1976パリはまだか?

投稿日:2017/04/23 (日)

1976パリはまだか?

ホーペ さん | 兵庫県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Rolling Stones

今更改めて言うことでもないけれど、ローリング・ストーンズは半世紀以上に亘って活動しているロックンロール・バンドだ(ロックンロールの部分に、ある人はブルースを入れてもいいし、R&Bあるいはポップだって構わない)。この事実が意味するところは、現在居る彼らのファンの半数以上にとって、ストーンズとは、

プロフィール詳細へ

The Rolling Stonesに関連するトピックス

おすすめの商品