CD 輸入盤

Yellow Submarine

The Beatles (ザ・ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
46445
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1969
フォーマット
:
CD

商品説明

ファンタジックな内容であり、かつシュールなアニメーションが印象深い映画『イエロー・サブマリン』のサウンドトラック盤。浮遊感あるサイケデリック・ナンバー、ジョージのM2、5、キャンプファイヤー・ソングのような(?)ポールの茶目っ気たっぷりのM3、そしてピアノによる力強いリフのイントロで始まる、ジョンの個性的な曲M4と理屈抜きに楽しめるナンバーばかり。この時期に特徴的なリンゴのドラム、パーカッション類の使い方が凄い。半分はジョージ・マーティンによるインスト。 

収録曲   

  • 01. Yellow Submarine (02:42)
  • 02. Only A Northern Song (03:27)
  • 03. All Together Now (02:13)
  • 04. Hey Bulldog (03:14)
  • 05. It's All Too Much (06:28)
  • 06. All You Need Is Love (03:52)
  • 07. Pepperland (02:23)
  • 08. Sea Of Time (03:00)
  • 09. Sea Of Holes (02:20)
  • 10. Sea Of Monsters (03:39)
  • 11. March Of The Meanies (02:22)
  • 12. Pepper Land Laid Waste (02:15)
  • 13. Yellow Submarine In Pepperland (02:10)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
6
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
イエローサブマリンは、オリジナルアルバム...

投稿日:2013/06/13 (木)

イエローサブマリンは、オリジナルアルバムの中で唯一ヒットチャートでNO1にならなかったアルバムです。(全英3位、全米2位)でも、リアルタイムで考えると、それも仕方ないよね。だって新曲は4曲だけだし、それだけに2000円も出せるかって言われればちょっと難しい。ぼくも2年前に安くなっていたので買いました。しかし4曲はすべてとてもいいです。ここの曲だけよく聴いています。とくにジョージのイッツ・オール・トゥー・マッチがお気に入りです。今として見れば、この4曲のためだけに買うのも有りかと思います。ただ、G・マーティンのインストゥメンタルの部分は全く聴かない。

johnbach さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
☆
☆
これアナログレコードでは持ってたんですが...

投稿日:2013/03/02 (土)

これアナログレコードでは持ってたんですが、買い直す勇気が無くて。セールで思い切って買っちゃいました。もちろん前半の部分だけのためです。

だいはや さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
おそらく複数のファンの方々同様、LP時代に...

投稿日:2012/10/14 (日)

おそらく複数のファンの方々同様、LP時代には手を出さなかった(若くて出す余裕がなかった)albumですが、CD、特にremaster後にまずiTunesでダウンロードし、目から鱗が落ちCD購入しました。もともとRevolverの曲である1、語るまでもない名曲ながらどこでも聴ける6、Beatlesの音楽に実質何の関係もない7~13を除いて、実質は2~5の4曲のみ!なのですが、その一曲一曲全てどれだけに素晴らしい作品であることか!Remasterされて細部がクリアになるにつれ、細く聴けば聴くほど、如何に彼らが音空間隅々まで神経を張り巡らせ、緻密に作品を構築して行ったかが判り圧倒されます。はっきり言ってこの4曲、もちろん他の多くのBeatles作品がそうですが、かけがえのない20世紀音楽の遺産の一部です。値段やコストパフォーマンスなど、考えるのも傲慢だったと自分を反省.....。当たり前ですが、ただただ素晴らしい!

mimi さん | 兵庫県 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

The Beatlesに関連するトピックス

おすすめの商品