CD 輸入盤

With The Beatles

The Beatles (ザ・ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
46436
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1963
フォーマット
:
CD

商品説明

英国での1stの成功により気を良くしたバンドが、更にたたみかけるようにして作った本作は勢いを感じる好作品だ。全体的には彼らが好んだR&B色の濃いアルバムと言える。彼ららしい掛け合いが楽しいM1、ポールの初期の名作M3、ストーンズに贈ったM11、ジョンが持つ、切なさと同時に甘さを感じさせる個性の出た名曲M13ジョンのパワフルなヴォーカルが印象的なモータウン・ナンバーM14など、充実した内容を持つ一枚。 

収録曲   

  • 01. It Won't Be Long (02:13)
  • 02. All I've Got to Do (02:04)
  • 03. All My Loving (02:09)
  • 04. Don't Bother Me (02:29)
  • 05. Little Child (01:48)
  • 06. Till There Was You (02:16)
  • 07. Please Mr. Postman (02:36)
  • 08. Roll over Beethoven (02:47)
  • 09. Hold Me Tight (02:32)
  • 10. You've Really Got a Hold on Me (03:02)
  • 11. I Wanna Be Your Man (01:58)
  • 12. Devil in Her Heart (02:27)
  • 13. Not a Second Time (02:08)
  • 14. Money (That's What I Want) (02:47)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
23
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
当時チャート1位だった1stアルバム”Pl...

投稿日:2013/08/07 (水)

当時チャート1位だった1stアルバム”PleasePleaseMe”を自らの2ndアルバムで引きずり下ろした若さいっぱいの作品。元気になれる曲が多く”中でもAllMyLoving”は名曲中の名曲です。ただ、ライブ演奏時のようにバッキングボーカルをGeorgeにまかせた方がより味が出たのではないか?と思うのはわたしだけでしょうか?高いレベルでの注文なんですけどね。

0
★
★
★
★
★
ビートルズのセカンドアルバムだが、ファー...

投稿日:2013/08/06 (火)

ビートルズのセカンドアルバムだが、ファーストアルバムのプリーズ・プリーズ・ミーがまだ売れつずけていたので、勢いが落ち着くまでリリースを遅らせたというアルバム。予約だけでも30万枚の注文があり、初登場第1位、22週連続1位で先のプリーズ・プリーズ・ミーと合わせると、1年間アルバムチャートの1位をビートルズが独占していた(国内盤ライナーノーツ)と言うからまさに驚異的。そしてこのアルバムの持つ魅力はとてつもなく大きい。1曲めのイット・ウォント・ビー・ロングから始まりマネーで終わる14のナンバーはみんないい曲で、わたしは大好き。ポールの歌うオール・マイ・ラビィング、ティル・ゼア・ウォズ・ユー、もう、言うことない素晴らしさ。ジョンの歌うイット・ウォント・ビー・ロング、ナット・ア・セカンド・タイム、もう最高。ジョージのデビル・イン・ハー・ハート、リンゴのアイ・ウォナ・ビー・ユア・マン、これも素晴らしいですね。でも、一番よく聞くのはプリーズ・ミスター・ポストマンで、ジョンの絶叫がたまりません。ユーチューブで見たオリジナルのマーベレッツよりはるかに素晴らしい。もう、別の曲のようです。

johnbach さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
いいですねー。この頃のビートルズは音が硬...

投稿日:2013/03/02 (土)

いいですねー。この頃のビートルズは音が硬くてリマスターに最適です。ジョージのギターや、ポールのベースがモロに聴こえます。

だいはや さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

The Beatlesに関連するトピックス

おすすめの商品