CD 輸入盤

Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band

The Beatles (ザ・ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
46442
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1967
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

 ライヴ活動を停止しスタジオ・ワークでの実験に没頭できるようになったビートルズが1967年に作り上げたトータル・アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』。この作品はサマー・オブ・ラヴを象徴するサイケデリックな作品、ロック史上初のコンセプト・アルバムとしても有名で、ジャケット、サウンド・プロダクトを含め、同時代の多くのアーティストに影響を与えた。特にローリング・ストーンズの『ザ・サタニック・マジェスティーズ・リクエスト』はこの作品に対抗して作られてものとしては最も有名なとこだろう。この作品で彼らは自分たちのことをサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドという架空のバンドに見立てアルバム全体をこのバンドのショーのような構成にしている。曲間はほとんどなく続き、アルバムの1曲目となるオープニングの“サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド”は最後にリプリライズとして続く。そして最後にはアンコールに見立てた曲が演奏されるというおもしろい構成。

 まず、冒頭にショーの始まりを告げる“サージェント・ペパーズ〜”は音の広がりなどからしてライヴっぽい感じがするが、観客の拍手や歓声、笑い声などの効果音がこの豪華な「ライヴ・アルバム」の雰囲気ををいっそう盛り上げてくれているのではないだろうか。そして、観客の歓声とともに、架空のシンガー、ビリー・シアーズが紹介されて“ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ”を歌うのはリンゴ・スターだ。

 続く“ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ”はジョンが息子ジュリアンの絵にインスピレーションを受けて作られた楽曲で頭文字がLSDとなることからドラッグ・ソングではないのかと物議を醸し出した。

 ポールがヴォーカルを取る楽曲が続き、ジョンがヴォーカルをとる“ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスタ−・カイト”ではサーカスの雰囲気、おがくずの匂いが感じられるようにしたい(!)というジョンの希望を受け、ジョージ・マーティンがスチーム・オルガンの演奏テープを細切れにしてそれをばらばらにしてつなぎ逆回転で再生させるというSEを作成したが、この間奏の部分が不思議でノスタルジックな匂いのするものを作り出した。

 この時代の作品としては考えられないくらい新しいアイデアを取り入れた壮大なこのアルバムはイギリスでは予約だけで30万枚を記録し、もちろん初登場1位を記録し22週にわたり1位を獲得。アメリカでもビルボードで初登場8位、翌週からは15週にわたり1位を獲得している。またこのアルバムは曲の素晴らしさもさることながら、ジャケットのデザインも素晴らしいものがある。ジョンとポールのアイデアのもと、前衛アーティストのピーター・ブレイクがデザイン。想像上の観客として招待していた人たち約70名をメンバーの回りに配置した。このデザインは1967年のグラミー賞にて最優秀ジャケット・デザイン賞を受賞している。(このグラミー賞では最優秀アルバム、最優秀コンテンポラリー・アルバム、最優秀エンジニアと4部門で受賞した)

【1967年-15週連続全米No.1アルバム】
【10th[1967]Grammy Awards-Album Of The Year受賞作品】

内容詳細

【1967 - 10th グラミー賞 Album Of The Year】

収録曲   

  • 01. Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band (02:02)
  • 02. With A Little Help From My Friends (02:44)
  • 03. Lucy In The Sky With Diamonds (03:28)
  • 04. Getting Better (02:47)
  • 05. Fixing A Hole (02:36)
  • 06. She's Leaving Home (03:35)
  • 07. Being For The Benefit Of Mr. Kite! (02:37)
  • 08. Within You Without You (05:05)
  • 09. When I'm 64 (02:37)
  • 10. Lovely Rita (02:42)
  • 11. Good Morning Good Morning (02:41)
  • 12. Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) (01:18)
  • 13. A Day In The Life (05:33)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
96
★
★
★
★
☆
 
24
★
★
★
☆
☆
 
12
★
★
☆
☆
☆
 
5
★
☆
☆
☆
☆
 
4
★
★
★
★
★
世界最高のロックバンドの、チームワークが...

投稿日:2013/08/28 (水)

世界最高のロックバンドの、チームワークが頂点に至ったときの結晶。何人をもってしても、一切の批判をすることのできないアルバム。入門編として聴くには、難解。しかし、このアルバムが、なぜ、金字塔と呼ばれているか、解った時には、もはや、ビートルズ人生から抜け出せません。

cavern さん | 長野県 | 不明

0
★
★
★
★
★
文句無し。レコードからの買い替えですが、...

投稿日:2013/02/21 (木)

文句無し。レコードからの買い替えですが、リマスターがこれ程クリアーなのには驚きました。内容は、言わずもがなですね。

だいはや さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
このあまりに歴史的なアルバムについて、新...

投稿日:2012/11/12 (月)

このあまりに歴史的なアルバムについて、新しいことを言える人など数千、数万人に一人もいないと思いますが、自分にとって一番確かなことは、これほどに凝縮された時間の詰まった作品は、おそらくごく一部のJazzを除くポピュラー音楽史上これ以前にはなかったであろうし(自分は同世代人ではない。初めて聴いたのはBeatles解散後数年経過してからです)、これ以降現在に至るまでも自分の知る限り、無さそうであろうということ。「Sgt.Pepper’s...」の出だしの聴衆のざわめきから、「A Day in the Life」の最後の和音が鳴り終わるまで、あらゆる音、あらゆる静寂がピンと張りつめた濃密な時間の中に一個として完成されている....Beatlesがこの、濃密な時間を手に入れ始めたのはRevolver辺りからでしょうが、その完成形としてBeatlesのキャリアのある意味の頂点であり、同時にBeatlesという社会的存在がこれ以降、全く異なる局面に入り、それはBeatlesが体現した(若者)文化が新しい局面に入ったということでしょう。この作品が現れて以降、世界にとってロック、ポピュラー音楽、そして若者文化はもはや以前と同じではあり得なくなってしまった....その歴史的意味を前にしては、Johnを含むメンバーが後で何を言おうと、作品の比重がPaul主体であろうと無かろうと、また個々の曲がどうであろうと、何ら大した問題ではありません。「Sgt.Pepper’s〜A Day in the Life」という一つの「作品」の強烈な密度は、疑いなく20世紀が生んだ最も偉大な人類の音楽遺産の一つとして、個人的な好悪や思惑(Beethovenの英雄・運命が嫌い、と言ったってその歴史的価値が揺らぐことなど些かも無い!)などを遥かに超えて後世に生き続けるでしょう。今は亡きJohn,George、ひた向きにBeatlesを守り続けてくれるPaul,Ringoに、心よりの尊敬と感謝を捧げます!

mimi さん | 兵庫県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

The Beatlesに関連するトピックス

おすすめの商品