CD 輸入盤

Let It Be

The Beatles (ザ・ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
46447
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1970
フォーマット
:
CD

商品説明

解散騒動のさなか、有名なWゲット・バック・セッションWからの音源をフィル・スペクターのプロデュースにより完成させた同名映画のサウンドトラック。ポールの切ないメロディーが胸に迫るM6、10、オーケストラが加えられたジョン作M3、ビートルズの前身、クウォリーメンのレパートリーとして作られたという、初期オリジナル曲のリメイクM9、「戻っておいで〜取り戻そう」と歌われるM12は、皮肉にも解散を強く印象づける曲となってしまいました。
【1970年-4週連続全米No.1アルバム】 

その他のバージョン

Let It Be のバージョン一覧へ

  • CD

    Let It Be

    ¥2,297 EUR 盤 輸入盤 2009年09月09日発売

  • CD

    Let It Be

    ¥2,530 国内盤 2016年06月29日発売

  • CD

    Let It Be

    ¥1,822 国内盤 限定盤 2019年10月02日発売

収録曲   

  • 01. Two Of Us (03:36)
  • 02. Dig A Pony (03:54)
  • 03. Across The Universe (03:48)
  • 04. I Me Mine (02:25)
  • 05. Dig It
  • 06. Let It Be (04:03)
  • 07. Maggie Mae
  • 08. I've Got A Feeling (03:37)
  • 09. One After 909 (02:55)
  • 10. Long And Winding Road (03:37)
  • 11. For You Blue (02:32)
  • 12. Get Back (03:07)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
50
★
★
★
★
☆
 
18
★
★
★
☆
☆
 
9
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
Let it be (Take28)一曲だけでも購入価値...

投稿日:2022/03/30 (水)

Let it be (Take28)一曲だけでも購入価値あり  Let it beの曲は色々なバージョンがあり、個人的にはLP(アルバム)バージョンが最高だと思っているのですが、映画「Let it be」の劇中で使用されたバージョンのLet it beを探しておりました。Let it beネイキッドが発売された時、ジョージの間奏でのギターアドリブが映画のものと一緒だと感激したものの、エンディングのリフレインでの歌詞が通常のものと差し替えられており残念に思っていました。  今回のディスク3に収録された「Take28」では映画どおり、ジョージに好評で公式となっている「there will be an answer」ではなく、ジョンに好評だった「there will be no sorrow」と歌われており、このバージョンが、映画に使用された劇中歌に最も近いと思っており、ファンとしては、この一曲だけでも購入価値があると感動しています。私たち昔からのファンにとっては、お宝です!

まえちゃん さん | 長崎県 | 不明

2
★
★
★
★
☆
The BeatlesのLei It Be のアルバムは、レ...

投稿日:2021/10/24 (日)

The BeatlesのLei It Be のアルバムは、レコード初回・初版発売時に購入し、以来50数年経過しました。各種ブートレグLPも買いあさり、ブートレグCDも相当な量を所有しています。ビートルズ愛好家歴も60年経過、今も結構聴いています。今回のSuper Deluxe版の感想を述べると、Glyn Jones版の正規発売を最高に喜びたいと思います。他はある程度予想通り。

兼やん さん | 宮崎県 | 不明

1
★
★
★
★
★
録音時期はアビーロードが後だけど、聴く側...

投稿日:2021/09/10 (金)

録音時期はアビーロードが後だけど、聴く側はこれがラストアルバム。で、これがラストアルバムだったことが自分にとってはビートルズの解散(自然消滅?)に一番しっくりくる。もしも順序が逆でアビーロードが後に出ていたり、コレが正式リリースされてなかったら、違ったイメージ(大爆発してキラキラと解散的な)を抱いたかも。このとりとめのなさ、何とも言えない悲しい感じのコレが最後に来るからこそ、キラキラと解散するよりもカッコよく感じてしまう。1962年デビューから8年かけぬけてコレが最後というのが、またなんともカッコよいかな。自分にとっては録音が先か後かとか、曲が充実しているか否かなんてどーでも良く、これが最後のリリースであることの方が大事。予約しました(^^)/

lastresort さん | 不明 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

The Beatlesに関連するトピックス

おすすめの商品