DVD

Four Complete Ed Sullivan Shows Featuring The Beatles & Other Artists

The Beatles (ザ・ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VABS2001
組み枚数
:
2
:
日本
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
コレクション, スタンダード

商品説明

アメリカのテレビ史上最も有名な番組といわれる音楽バラエティ番組「エド・サリヴァン・ショー」にビートルズが出演した全4回の放送を、当時のコマーシャルも含めノー・カットで収録したDVD。
1964年2月7日“抱きしめたい”が初の全米1位に輝いた直後、アメリカ初上陸のビートルズの生々しい姿を記録。2月9、16、23日と翌1965年9月12日の4回分を完全収録。全4回の番組には、ビートルズ以外にも、ビートルズ・ファンには注目のシラ・ブラック、名エンターテイナー、キャブ・キャロウェイ、ミュージカル映画の名作「南太平洋」で知られるミッチー・ゲイナーや、オリジナル・キャストによるミュージカル「オリバー!」のシーン(モンキーズのデイヴィ・ジョーンズの子役姿!)等、当時を代表するエンターテイナー達の姿が当時の放送のままで保存されており、歴史的な番組をリアル・タイムの如く体験出来ます。因みに第1回登場の1964年2月9日はなんと視聴率が70%を超えたという伝説の放送です。

*マーク付きの楽曲はTV放送以来、初めて公開される演奏シーン(収録曲のうち、11曲が初公開映像と伝えられておりましたが、正しくは6曲が初公開となります)

内容詳細

1964年2月、米国初上陸を果たしたビートルズの生々しい姿。伝説的TV番組『エド・サリヴァン・ショー』への4回の出演を完全収録。初公開となる11曲や当時のCMも含む、貴重な記録だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. オール・マイ・ラヴィング
  • 02. ティル・ゼア・ウィズ・ユー
  • 03. シー・ラヴズ・ユー
  • 04. アイ・ソウ・ハー・スタンディング・ゼア*
  • 05. 抱きしめたい
  • 06. シー・ラヴズ・ユー
  • 07. こいつ (ジス・ボーイ)
  • 08. オール・マイ・ラヴィング
  • 09. アイ・ソウ・ハー・スタンディング・ゼア*
  • 10. フロム・ミー・トゥ・ユー
  • 11. 抱きしめたい

ディスク   2

  • 01. ツイスト・アンド・シャウト
  • 02. プリーズ・プリーズ・ミー
  • 03. 抱きしめたい
  • 04. アイ・フィール・ファイン*
  • 05. アイム・ダウン*
  • 06. アクト・ナチュラリー*
  • 07. 涙の乗車券
  • 08. イエスタデイ
  • 09. ヘルプ

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
確かに240分のうちBeatlesの出演してるのは...

投稿日:2004/07/08 (木)

確かに240分のうちBeatlesの出演してるのは約1時間にすぎないけど当時のコマーシャルや他のアーティストが観れて興味深いです。不思議なのは他の人達はみんな古臭さを感じるのにBeatlesだけは今観ても新鮮!65年出演分は4人それぞれ曲紹介に性格が出てて(ジョンのふざけぶりが好き!)楽しいし、一つのマイクを挟んで笑みを交しながらジョンとポールが歌う“涙の乗車券”を観てると、世界一のツーショットだナ…って思います!

0
★
★
★
★
★
リンゴのドラム音が独立した形ではっきり聞...

投稿日:2004/01/24 (土)

リンゴのドラム音が独立した形ではっきり聞けるところがあり、それだけでも十分価値のあるDVDだと思いました。

VERGIL TRACY さん | 宮崎県 | 不明

0
★
★
★
★
★
まるまる番組を収録しているのでビートルズ...

投稿日:2004/01/18 (日)

まるまる番組を収録しているのでビートルズの素晴らしいライブ以外はこの時期の1964〜5年の時代に生まれていなくて良かったぁと感じさせるコメディやミュージカルが入っています。それらを見てたら”アナシン”を飲みたくなります。アイムダウンでのジョンのエレピパフォーマンスには1万円払ってもいいですね。

おもろいWHOWHO さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

The Beatlesに関連するトピックス

おすすめの商品