CD

Beatles (White Album)

The Beatles (ザ・ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCP71010
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD
コピーライト
:
(C) Apple Corps Ltd.
その他
:
リマスター
追加情報
:
ボーナス映像付(CDエキストラ)それぞれのアルバムにまつわるレア映像、未発表映像、スタジオでの会話等から構成された5分間映像。
ステレオ音源
アートワーク:オリジナルLP同様
ブックレット:オリジナル・ライナーノーツ、写真、ヒストリカル・ノーツ、レコーディング・ノーツ
初回限定スペシャルパッケージ

商品説明

ビートルズの全オリジナル・アルバムがCD化以来初のデジタル・リマスター化!

【商品レビュー】
68年に発表された唯一の2枚組スタジオ盤。大作「サージェント・ペパーズ」の後だけに、非常にプライベートな印象を受ける内容となっています。「オブ・ラ・ディ・オブ・ラダ」のようなポップな曲から、「ヘルター・スケルター」のようなヘヴィーな曲まで様々な曲調がある。ジョージの名曲「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリーウィープス」収録。

※今作『THE BEATLES (WHITE ALBUM)』のHMVオリジナル先着特典「ジャケット・カンバッジ」は終了しました。

内容詳細

ビートルズのオリジナル・アルバム全14タイトルが21世紀最高の音質で蘇る。オリジナルの音源を4年がかりできめ細やかにデジタル・リマスターし、最も原曲に近いサウンドで収録。ジャケットはオリジナルUK盤を模している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. バック・イン・ザ・U.S.S.R. / Back In The U.S.S.R.
  • 02. ディア・プルーデンス / Dear Prudence
  • 03. グラス・オニオン / Glass Onion
  • 04. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ / Ob-La-Di,Ob-La-Da
  • 05. ワイルド・ハニー・パイ / Wild Honey Pie
  • 06. コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロウ・ビル / Continuing Story Of Bungalow Bill
  • 07. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス / While My Guitar Gently Weeps
  • 08. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン / Happiness Is A Warm Gun
  • 09. マーサ・マイ・ディア / Martha My Dear
  • 10. アイム・ソー・タイアード / I'm So Tired
  • 11. ブラックバード / Blackbird
  • 12. ピッギーズ / Piggies
  • 13. ロッキー・ラックーン / Rocky Raccoon
  • 14. ドント・パス・ミー・バイ / Don't Pass Me By
  • 15. ホワイ・ドント・ウィ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード / Why Don't We Do It In The Road
  • 16. アイ・ウィル / I Will
  • 17. ジュリア / Julia

ディスク   2

  • 01. バースデイ / Birth Day
  • 02. ヤー・ブルース / Yer Blues
  • 03. マザー・ネイチャーズ・サン / Mother Nature's Son
  • 04. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー / Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey
  • 05. セクシー・セディ / Sexy Sadie
  • 06. ヘルター・スケルター / Helter Skelter
  • 07. ロング・ロング・ロング / Long Long Long
  • 08. レボリューション1 / Revolution 1
  • 09. ハニー・パイ / Honey Pie
  • 10. サボイ・トラッフル / Savoy Truffle
  • 11. クライ・ベイビー・クライ / Cry Baby Cry
  • 12. レボリューション9 / Revolution 9
  • 13. グッド・ナイト / Good Night

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
120
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
最も好きなアルバムに、ホワイトアルバムか...

投稿日:2013/08/28 (水)

最も好きなアルバムに、ホワイトアルバムかアビーロードを挙げるビートルズマニアは、少なくないでしょう。かと言って、最初に買うアルバムではありません。とはいえ、ホワイトアルバムを買う頃には、もはやビートルズ人生から抜け出すことは不可能になっていることでしょう。

cavern さん | 長野県 | 不明

3
★
★
★
★
★
バック・イン・ザ・USSRで始まり、グッド・...

投稿日:2013/08/15 (木)

バック・イン・ザ・USSRで始まり、グッド・ナイトで終わるこのアルバムは、まさに規格外の凄さを実感させるアルバムだ。まず、2枚組全30曲と言うボリューム。ジョージ・マーティンは曲を絞って通常の1枚のアルバムにすべきだと主張したが、メンバーがそれを拒否して今のままになったと言う。マーケティングを考えれば68年代では考えられない事だっただろう。でも、落とす曲なんぞ一つも無いというのがわたしの実感。確かに、買う側の若いファンには値段が2倍になるのだからちょっとつらいのも事実。それと、ジャケツトとLPのタイトルが存在していない。ただ、真っ白で中央右側に、The BEATLES とあるだけ。それとLPには通し番号があった。こんなのって有りか?という感じなのだが、実際はすごい芸術性をみてとれますね。だから、タイトルも正式のビートルズから、実際はホワイトアルバムになってしまった。こうしたことが許されたのもビートルズだからだ。そしてジョージのホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスが素晴らしい。ポールの三大名曲(イエスタディ、ヘイ・ジュード、レット・イット・ビー)に対して、わたしはこの曲とサムシング、ヒア・カムズ・ザ・サンを加えてジョージの三大名曲と呼んでいる。もちろん、ジョンやポール、リンゴの曲もみんな素晴らしいですよ。これも大傑作アルバムです。

johnbach さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
まとまりが無いとか、この時すでにメンバー...

投稿日:2013/08/07 (水)

まとまりが無いとか、この時すでにメンバー間は亀裂が入り始めていた等とマイナスな事を言う人もいますが、2枚組でこんなに盛りだくさんで、飽きないアルバムはそうは無いと思います。ロック・バラード・ハードロック・スカ・ジャズ・クラシックなどなどてんこ盛りです。オープニングの”BackInTheUSSR”の演出は誰も真似できません。Paulの弟がこの曲のコーラスを「BeachBoysに頼んだら?」と提案してみたところ「Beatlesがやる事に意味がある」と言ったそうです。カッコ良すぎます!ただ、ナンバー9ナンバー9ナンバー9はちょっと・・・没になったNotGuiltyなどの別の曲3曲と差し替えてもらって・・よろしいで・・しょうか?・・・とは言えません。(言ってますが。)

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

The Beatlesに関連するトピックス

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト