CD 輸入盤

Beatles (White Album)

The Beatles (ザ・ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CAP464432
組み枚数
:
2
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1968
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

通称『ホワイト・アルバム』。’67年、ヒッピー文化に多大な影響を与えたトータル・アルバム『サージェント・ペパーズ〜』を発表したビートルズは何をやっても注目を集めるメガ・スターとなった。そんな中でリリースされ、彼らの音楽的野心を2枚組というヴォリュームで展開した作品。メンバーがバラバラに録音したりとバンドとしての求心力は失ったが、ヴァラエティに富んだ楽曲で楽しませる。ディスク1はビーチ・ボーイズ風コーラスをパロったM1、アコギの響きが美しいM2、11、当時珍しかったスカのリズムも陽気なM4、クラプトン参加ジョージの名曲M7隠喩的なドラッグ・ソングM8など、ディスク2はR&R M1、4、ジョン+ヨーコの実験作M12などメンバー各々の嗜好が興味深く顕れている。 

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Back In The U.S.S.R. (02:43)
  • 02. Dear Prudence (03:56)
  • 03. Glass Onion (02:17)
  • 04. "Ob-La-Di, Ob-La-Da" (03:08)
  • 05. Wild Honey Pie
  • 06. Continuing Story Of Bungalow Bill (03:14)
  • 07. While My Guitar Gently Weeps (04:45)
  • 08. Happiness Is A Warm Gun (02:43)
  • 09. Martha My Dear (02:28)
  • 10. I'm So Tired (02:03)
  • 11. Blackbird (02:18)
  • 12. Piggies (02:04)
  • 13. Rocky Raccoon (03:32)
  • 14. Don't Pass Me By (03:50)
  • 15. Why Don't We Do It In The Road (01:41)
  • 16. I Will (01:46)
  • 17. Julia (02:54)

ディスク   2

  • 01. Birthday (02:42)
  • 02. Yer Blues (04:01)
  • 03. Mother Nature's Son (02:48)
  • 04. Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey (02:24)
  • 05. Sexy Sadie (03:15)
  • 06. Helter Skelter (04:29)
  • 07. Long Long Long (03:04)
  • 08. Revolution 1 (04:15)
  • 09. Honey Pie (02:41)
  • 10. Savoy Truffle (02:54)
  • 11. Cry Baby Cry (03:01)
  • 12. Revolution 9 (08:22)
  • 13. Good Night (03:11)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
122
★
★
★
★
☆
 
8
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
The BeatlesのThe Beatlesは1968年発表の通...

投稿日:2021/03/05 (金)

The BeatlesのThe Beatlesは1968年発表の通算9枚目のアルバム。1曲目のBack In The U.S.S.R.から始まり、最後のGood Nightまで2枚にわたって様々な楽曲が聞ける。特におススメなのはポールも認めるジョンの名曲Happiness Is A Warm Gun。 monoミックスとstereoミックスに差異がある曲も多い。好みが分かれるところだ。

curtom さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
見たところ2009年リマスターのホワイトアル...

投稿日:2021/02/27 (土)

見たところ2009年リマスターのホワイトアルバムは絶盤になっているんですね。一番古いこのCDを久しぶりに聞いてみましたが、生々しくて、これはこれでいいんじゃね?と思ってしまいました。50周年リマスターは素晴らしい出来だと思いますが、若干ノイズを取り除きすぎなのではとも思います。後、アイム・ソー・タイアードとブラックバードの間の女の子の声のようなノイズが配信では消えてると思うんですけど、著作権上の問題でもあったんでしょうか。なんにせよ、どのバージョンでも楽曲は素晴らしいです。古いバージョンは左右のステレオの振り方はちょっと問題だと思います。趣きと言えば趣きですが。

kam さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
ビートルズ最後の輝き。4人がそれぞれ好き...

投稿日:2021/02/27 (土)

ビートルズ最後の輝き。4人がそれぞれ好きなことをやってるのに結果的に傑作ができたって逆にすげぇなって思いますわ。ブラックバードだけでもこのCDは買う価値あり。

少年H さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

The Beatlesに関連するトピックス

おすすめの商品