ストレスゼロの生き方 心が軽くなる100の習慣

Testosterone

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784866630922
ISBN 10 : 4866630922
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
追加情報
:
231p;18

内容詳細

人間関係、お金、仕事、健康、将来。あらゆる悩みをブッ飛ばす!SNSで熱狂的支持を集めるカリスマが書き下ろした自己中心主義のススメ。

目次 : 第1章 やめる/ 第2章 捨てる/ 第3章 逃げる/ 第4章 受け入れる/ 第5章 貫く/ 第6章 決める/ 第7章 筋トレする

【著者紹介】
Testosterone : 1988年生まれ。学生時代は110キロに達する肥満児だったが、米国留学中に筋トレと出会い、40キロ近いダイエットに成功する。大学時代に打ち込んだ総合格闘技ではトッププロと生活をともにし、最先端のトレーニング理論とスポーツ栄養学を学ぶ。現在は社長として働きつつ、筋トレと正しい栄養学の知識を日本に普及させることをライフワークとしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 馨 さん

    お気に入りさんのレビューを読んで読了。やめること、捨てること貫くことなど、よく聞いたことのある内容が多かった気がしますが改めて出来ていないことを確認しました。仕事においては全てを実行するのは難しいなと思いました。

  • 江口 浩平 さん

    【考え方】テストステロンさんのtweetが好きで、手に取った一冊。「考え方なんてのは自分の人生をより良く、生きやすくするためにあるもんだから、自分に合ったものをチョイスしていけばいい。」との言葉どおり、ケースバイケースで心に響くフレーズは変わってくるだろう。「私は私のベストを尽くす。それで他人に嫌われるのなら仕方がない。」「あなたには他人の期待に応える義務などない。」「怒ってしまうのは自信と余裕のない証拠」などが今の私には刺さった。心の支えになりそうな一冊だったので、再読予定。

  • レリナ さん

    頭に入ってきやすい言葉の数々、いただきました。著者の言葉は自分に当てはまる部分が多いので、とても心に響く。生きている限り、好き嫌いはあるし、意見の違いはある。当たり前とされることを捻じ曲げる生き方をしそうだった自分にとっては本当に救われる言葉が多かったので、著者の考え方には共感できるポイントが多い。あらゆる悩みをぶっ飛ばす本にふさわしい本。悩んだらまず真っ先に読み返したいバイブル。悩んだら運動が一番だね、うん。筋トレは自分を裏切らない。運動を継続したくなる、そんな気持ちにさせてくれる本でした。

  • hannahhannah さん

    Testosteroneのアドヴァイスをまとめた本。普段の彼より優しい感じ。「モチベーションを保とうとするのを、やめる」という項で、「モチベーションの有無なんて関係なしに機械のごとくとにかくやれ」とあった。全くその通り。動機づけより規律の方がはるかに重要だ。Navy SEALsの元司令官のJocko Willinkも「考えるな。計画を遂行しろ」と言っていた。

  • するめ さん

    なんとなく読んでみた笑 読むだけでも少し意識が変わるからみんなに読んでほしいですね。(ちょいちょいなぜかJOJOさんを思い出してしまったなんでだろう笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Testosterone

1988年生まれ。学生時代は110キロに達する肥満児だったが、米国留学中に筋トレと出会い、40キロ近いダイエットに成功する。大学時代に打ち込んだ総合格闘技ではトッププロと生活をともにし、最先端のトレーニング理論とスポーツ栄養学を学ぶ。現在は社長として働きつつ、筋トレと正しい栄養学の知識を日本に普及さ

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品