朝食はからだに悪い

Terencekealey

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478102862
ISBN 10 : 4478102864
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
381p;19

内容詳細

朝食神話のウソを科学的に暴く!脳にいい、太らない、健康になる…ちまたのウソを信じて無理に食べた、その朝食があなたを殺す!朝食抜きメソッドで高血糖や脂質異常、肥満が苦もなく急改善!欧米で話題沸騰!世界の最新データや医学研究からわかった食の真実!

目次 : 1 朝食は危険!/ 2 ビジネスが創り出す「朝食神話」/ 3 朝食を抜くと「太る」!?/ 4 研究者たちの朝食ウォーズ/ 5 健康な人の朝食、不健康な人の朝食/ 6 朝食はいかにあなたを殺すか?/ 7 重大な裏切り者「インスリン」/ 8 なぜ朝、糖尿病の人は高血糖になるのか?/ 9 朝食は静かな殺し屋を殺せるか?/ 10 朝食の正しい抜き方・気をつけ方

【著者紹介】
テレンス・キーリー : バーツ及びロンドン医科歯科学校にて医学を研修。オックスフォード大学臨床生化学博士号取得後、ニューカッスル大学に移籍。その後、Wellcome高齢者臨床研究所特別研究員として、ケンブリッジ大学で臨床生化学について教鞭を執る(1986‐2001年)。バッキンガム大学副学長(2001‐2014年)。現在、ケイトー研究所(ワシントンDC)の科学研究センターの客員研究員として、食糧政策に関する研究に携わる

野中香方子 : ヘルスケアや自然科学に関する翻訳多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はるき さん

     三食の中で一番大事だと言われる朝食を全否定。野菜と肉類を中心に食べても駄目なんだろうか。要するに現代人は食べすぎなんだろうな!

  • Book worm7 さん

    欧州人1000年間朝食の習慣無かった。南欧州は今でも朝食はコーヒーのみが多い。1日2食が良い

  • サムライマニア さん

    ★★★☆☆

  • チャーリー さん

    朝食は体に悪い? その新事実は意外なところに

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品