Blu-ray Disc

3大テノール世紀の競演〜1990年ローマ ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、ズービン・メータ(+ドキュメンタリー)(日本語字幕付)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC9689
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc

商品説明


1990年ローマ、カラカラ浴場で行われた「三大テノール」による伝説のコンサート
彼らのオペラ人生にまつわるドキュメンタリー映像も収録!


今から31年前、全世界16億人が観戦したサッカーW杯イタリア大会。サッカー界最大の英雄マラドーナ率いるアルゼンチン代表と「皇帝」の異名をもつベッケンバウアーが代表監督を務めた西ドイツ代表(東西ドイツが統一される直前)が決勝で戦いました。
 W杯の歴史に残る名勝負の前日、決勝戦の前夜祭としてこれまたかつてないコンサートがローマのカラカラ浴場で行われました。人気と実力を兼ね備えた当代きっての3人の名テノール歌手、ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パヴァロッティの「三大テノール」、そしてズービン・メータ指揮によるコンサートは夢の饗宴として大きな話題となりました。サッカー・ファンであっても、1990年W杯の一番の思い出を聞かれたら『誰も寝てはならぬ』と答えるほど聴衆に熱気を与えた伝説のコンサート。その後もW杯毎に「三大テノール」のコンサートは開かれ、3人による世界ツアーも行われるなど、オペラの魅力を広めることに大きく貢献しました。
 その「三大テノール」の最初のコンサートの記録である本映像は、伝説のコンサートとして世界中で愛されていますが、この度デジタル・リマスター版として初ブルーレイ化されました。歴史的なコンサート映像が鮮やかに甦りました。さらに『From Caracalla to the World(三大テノール カラカラ浴場から世界へ)』と題された88分にわたるドキュメンタリーも収録(2021年日本公開の映画「甦る三大テノール 永遠の歌声」)。ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴ、ズービン・メータ、パヴァロッティ未亡人のニコレッタ・マントヴァーニ、ラロ・シフリン、ブライアン・ラージ、マリオ・ドラディ、ポール・ポッツ、サー・ブリン・ターフェル、ノーマン・レブレヒトなどの最新インタビューが収録され、1990年ローマでのコンサートの裏側、その4年後のロサンジェルス大会の様子、カレーラスの白血病との闘い、3人のライバル関係、壮大な商業イベントにまつわる金銭的な問題など、3人のオペラ・スターの人生が詰まった見ごたえのある内容です。(輸入元情報)

【収録情報】
● コンサート『三大テノール/世紀の競演〜ローマ1990』

1. チレア:ありふれた話(フィデリコの嘆き)(歌劇『アルルの女』より カレーラス)
2. マイアベーア:おおパラダイス(歌劇『アフリカの女』より ドミンゴ)
3. プッチーニ:妙なる調和(歌劇『トスカ』より パヴァロッティ)
4. レハール:君はわが心のすべて(喜歌劇『ほほえみの国』より ドミンゴ)
5. デ・クレシェンツォ:つばめは古巣へ(パヴァロッティ)
6. カルディッロ:カタリ、カタリ(つれない心)(カレーラス)
7. ヴェルディ:歌劇『シチリア島の夕べの祈り』序曲
8. デ・クルティス:帰れ、ソレントへ(パヴァロッティ)
9. ララ:グラナダ(カレーラス)
10. ソロサーバル:そんなことはあり得ない(サルスエラ『港の酒場女』より ドミンゴ)
11. ジョルダーノ:ある日青空を眺めて(歌劇『アンドレア・シェニエ』より カレーラス)
12. プッチーニ:星は光りぬ(歌劇『トスカ』より ドミンゴ)
13. プッチーニ:誰も寝てはならぬ(歌劇『トゥーランドット』より パヴァロッティ)
14. メドレー マリア〜トゥナイト〜太陽の土地〜シェリト・リンド〜メモリー〜〜キャッツ〜黒い瞳〜カミニート〜バラ色の人生〜マティナータ〜ウィーンわが夢の街〜アマポーラ〜オ・ソレ・ミオ(カレーラス/ドミンゴ/パヴァロッティ)

(アンコール)
15. ディ・カプア:オ・ソレ・ミオ(カレーラス/ドミンゴ/パヴァロッティ)
16. プッチーニ:誰も寝てならぬ( 歌劇『トゥーランドット』より カレーラス/ドミンゴ/パヴァロッティ)

 ホセ・カレーラス(テノール)
 プラシド・ドミンゴ(テノール)
 ルチアーノ・パヴァロッティ(テノール)
 ローマ国立歌劇場管弦楽団、フィレンツェ五月祭管弦楽団
 ズービン・メータ(指揮)

 収録時期:1990年7月7日
 収録場所:ローマ、カラカラ浴場(ライヴ)

 収録時間:86分
 画面:カラー、4:3
 字幕:英独仏伊西韓日

● ドキュメンタリー『From Caracalla to the World(三大テノール カラカラ浴場から世界へ)』
 出演:ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴ、ズービン・メータ、ニコレッタ・マントヴァーニ、ラロ・シフリン、ブライアン・ラージ、マリオ・ドラディ、ポール・ポッツ、サー・ブリン・ターフェル、ノーマン・レブレヒト、他

 収録時間:88分
 画面:カラー、16:9
 字幕:英、独(ボイスオーバー)、仏韓日

 音声:PCM Stereo、DTS-HD MA 5.1
 BD50
 Region All

 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
素晴らしいの一語。見て損はない、見ないと...

投稿日:2020/11/28 (土)

素晴らしいの一語。見て損はない、見ないと損。指揮者ズービン・メータの指揮ぶり、特に歌手を見つめる表情がとてもいい。もちろん3人の歌は最高だ。死ぬ前に見ることが出来て良かった。

安保可以奈 さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
熱く、かつ楽しい、3人の友情とライバル意...

投稿日:2009/01/11 (日)

熱く、かつ楽しい、3人の友情とライバル意識が生んだ白熱の熱唱。聴く側も真剣に聴いても楽しく、気楽に聴いても熱くなる。メータの指揮もいつに無く熱く、「シチリア島の夕べの祈り」序曲も実にいい。まさにブラボーです。もうこういう声の競演は今では聴けなくなってしまった。わずか20年前なのに!

KAZU さん | 東京 | 不明

0
★
★
★
★
★
実に楽しいアルバムだ。特に最後の「オー・...

投稿日:2009/01/03 (土)

実に楽しいアルバムだ。特に最後の「オー・ソレ・ミオ」と「誰も寝てはならぬ」の3人の掛け合い(「競演」)が実に観ていて微笑ましい。このディスクを聴いても、声の競演の時代は、この3大テノールが最後だとつくづく感じる。そういう意味では、今日は少し淋しい気がするが。

ito さん | 横浜 | 不明

0

Tenor Collectionに関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品