CD 輸入盤

ルネ・コロ フロム・メリー・ルー・トゥー・マイスタージンガー〜80歳記念トリビュート・アルバム(2CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4828826
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ポップ・シンガーからワーグナー・テノールへ
ルネ・コロ80歳記念アルバム


2017年11月に80歳を迎えるドイツのテノール歌手ルネ・コロ。40年を超えるそのキャリアは、クラシックの歌手でありながら、愛すべきエンターテイナーでもあった多彩なアーティストの記念盤です。デジパックCD2枚組。
 ルネ・コロは、厳粛な芸術や格調高い文化とエンターテインメントとの間の区別を決して認めていません。祖父と父親がオペレッタ作曲家だったこともあり、オペレッタに親しんでいたコロは、そこからディキシーランド・ジャズに興味を持ち、ポップ・ミュージックのジャンルにも挑んで成功し、その後オペラ歌手となりました。プッチーニやヴェルディのアリアだけではなく、レハールやコール・ポーターも歌い、そして伝説のワーグナー・テノールとなったのです。1982年のプログラム解説の序文に彼は次のように書いています。「ローエングリンは聖杯を見守ることを望みませんでした。人間になることを望みました。私もドイツ芸術の聖杯を守ることのみに精神を集中させようとは思っていません」。
 このコレクションはバーンスタイン、クライバー、ショルティといった指揮者との伝説のヘルデン・テノールの役が並ぶ一方で、オペレッタ、民謡、そしてヴァイルの『三文オペラ』も含むコロの幅広いレパートリーを網羅しています。そしてまた、コロが初期にポップ・シンガーとして大成功を収めた1961年の世界的ポップ・ヒット曲「ハロー・メリー・ルー(Hello Mary Lou)」の魅力的なドイツ語ヴァージョンの歌唱も収録しています。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1

1. ベートーヴェン:歌劇『フィデリオ』より「神よ、ここは暗い・・・人生の春の日に」(フロレスタン)
2. ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』より「だめだ、もうこの苦しみに耐えられない・・・森を過ぎ、野を越えて」
3. ブラームス:カンタータ『リナルド』 Op.50より「Stelle her der gold'nen Tage Paradiese noch einmal」
4. ワーグナー:『タンホイザー』より「心の情熱」(ローマ語り)
5. ワーグナー:『ニュルンベルクのマイスタージンガー』より「朝はバラ色に輝きて」(愛の歌)
6. ワーグナー:『トリスタンとイゾルデ』より「Tristan! - Isolde! - Treuloser Holder!」
7. ワーグナー:『トリスタンとイゾルデ』より「まだ船は見えません」
8. ワーグナー:『パルジファル』より「アンフォルタス! あの傷!」
9. マーラー:交響曲『大地の歌』より「地上の悲しみを歌う酒宴の歌」

Disc2
1. ヴァイル:『三文オペラ』より「ひものバラード」
2. ヴァイル:『三文オペラ』より「快適な生活のバラード」
3. ヴァイル:『三文オペラ』より「Grabschrift」
4. カールマン:喜歌劇『伯爵令嬢マリツァ』より「Grus mir die susen, die reizenden Frauen」
5. カールマン:喜歌劇『伯爵令嬢マリツァ』より「Auch ich war einst ein feiner Csardaskavalier - Komm, Zigan」
6. J.シュトラウス2世:喜歌劇『ウィーン気質』より「Grus Gott, mein liebes Kind」
7. J.シュトラウス2世:喜歌劇『ウィーン気質』より「Als ich ward ihr Mann」
8. J.シュトラウス2世:喜歌劇『ウィーン気質』より「Du suses Zuckerauberl mein」
9. J.シュトラウス2世:喜歌劇『ウィーン気質』より「Wiener Blut」
10. J.シュトラウス2世:喜歌劇『こうもり』より「Trinke, Liebchen, trinke schnell」
11. レハール:喜歌劇『微笑みの国』より「Von Apfelbluten einen Kranz」
12. レハール:喜歌劇『微笑みの国』より「Bei einem Tee a deux」
13. レハール:喜歌劇『微笑みの国』より「君こそ我が心のすべて」
14. レハール:喜歌劇『微笑みの国』より「Immer nur lacheln und immer vergnugt」
15. オッフェンバック:喜歌劇『美しきエレーヌ』より「イダ山の上で」
16. 民謡「ああ、どうしてそんなことができようか(Ach, wie ist's moglich dann)」
17. 民謡「O Taler weit, o Hohen」
18. ハロー・メリー・ルー

 ルネ・コロ(テノール)

【Disc1】
 ヴィクター・ブラウン(バリトン:4)
 ノーマン・ベイリー(バス:5)
 マーガレット・プライス(ソプラノ:6)
 ブリギッテ・ファスベンダー(アルト:6)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン:6,7)
 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ:8)
 ライプツィヒ放送合唱団(6)
 レナード・バーンスタイン指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1)
 ラファエル・クーベリック指揮、バイエルン放送交響楽団(2)
 ジュゼッペ・シノーポリ指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(3)
 サー・ゲオルグ・ショルティ指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(4,5,8)
 カルロス・クライバー指揮、シュターツカペレ・ドレスデン(6,7)
 サー・ゲオルグ・ショルティ指揮、シカゴ交響楽団(9)

【Disc2】
 ミルヴァ(ヴォーカル:1)
 ロルフ・ボイセン(ナレーター:3)
 ダグマー・コルラー(ソプラノ:6)
 フェリー・グルーバー(テノール:8)
 インゲボルグ・ハルシュタイン(ソプラノ:9)
 ユリア・ヴァラディ(ソプラノ:10)
 ビルギット・ピッチュ=サラータ(ソプラノ:12)
 ジョン・マウチェリ指揮、RIASベルリン・シンフォニエッタ(1-3)
 ヴォルフガング・エーベルト指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(4,5)
 アントン・パウリク指揮、クルト・グラウンケ交響楽団(6-9)
 カルロス・クライバー指揮、バイエルン国立管弦楽団(10)
 ヴォルフガング・エーベルト指揮、シュトゥットガルト放送交響楽団(11-14)
 フランツ・アラーズ指揮、シュトゥットガルト放送交響楽団(15)

 録音:
 【Disc1】1978年(1)、1979年(2)、1982年(3)、1970年(4)、1975年(5)、1981年(6,7)、1972年(8,9)
 【Disc2】1988年(1-3)、1975年(4-15)、1983年(16,17)、1961年(18)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Tenor Collectionに関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品