CD 輸入盤

ヨハン・ボータ、イタリア・オペラ・アリア集〜ウィーン国立歌劇場ライヴ 1998〜2007(2CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
C967192DR
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ヨハン・ボータ/イタリア・オペラ・アリア集

強靭な歌声とスタミナで人気を誇った南アフリカ出身のテノール、ヨハン・ボータ[1965-2016]がウィーン国立歌劇場で歌ったステージから、イタリア・オペラの名場面を集めた2枚組。1989年にデビュー、ミラノ・スカラ座や英国ロイヤル・オペラなどに登場し、やがて輝かしい声を活かした「ヘルデン・テノール」として強い存在感を放ちました。1996年からウィーン国立歌劇場に登場。2003年に宮廷歌手となり、得意とするワーグナーでの歌唱が知られていますが、イタリア・オペラでも見事な表現を聴かせました。この2枚組には2016年に亡くなるまで、その活動期間の全盛期といえるおよそ10年間の名唱を収めています。
 共演歌手や指揮者も、ウィーン国立歌劇場ならではの豪華布陣。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
ヴェルディ:
● 『ドン・カルロ』より

1. 第1幕:アリア「私は彼女を失った〜デュエット:彼こそまさに王子!」

● 『シチリア島の夕べの祈り』より
2. 第1幕:デュエット「名をなんという?」
3. 第3幕:デュエット「これは夢か?」
4. 第4幕:アリア「モンフォルテ様命令だ」

● 『アイーダ』より
5. 第1幕:アリア「清きアイーダ」

● 『オテロ』より
6. 第1幕:喜べ!
7. 第1幕:デュエット「すでに厚い夜の間に」
8. 第3幕:モノローグ「神よ、あなたは私に」
9. 第4幕:アリア「私を恐れるな」

Disc2
● ジョルダーノ:『アンドレア・シェニエ』より

1. 第1幕:アリア「ある日、青空をながめて」
2. 第2幕:デュエット「あれが祭壇ね」
3. 第4幕:アリア「5月の美しい日のように」
4. 第4幕:フィナーレ「あなたの側で心は静まり」

● マスカーニ:『カヴァレリア・ルスティカーナ』より
5. デュエット「お前ここにいたのか、サントゥッツァ?」
6. フィナーレ「お母さん、あのお酒は強いね」

● レオンカヴァッロ:『道化師』より
7. 第1幕:「芝居をするのか!」
8. フィナーレ「これは先ほどと同じ言葉」

● プッチーニ:『トスカ』より
9. 第1幕:アリア「妙なる調和」
10. 第3幕:アリア「星は光りぬ」

● プッチーニ:『トゥーランドット』より
11. 第1幕:アリア「泣くな、リューよ」
12. 第3幕:アリア「誰も寝てはならぬ」

 ヨハン・ボータ(テノール)
 クラッシミラ・ストヤノヴァ(ソプラノ:Disc1-7)
 ヴィオレータ・ウルマーナ(ソプラノ:Disc2-2,4)
 アグネス・バルツァ(メゾ・ソプラノ:Disc2-5)
 スヴェトラーナ・ゼルダー(メゾ・ソプラノ:Disc2-5)
 ドミトリー・ホロストフスキー(バリトン:Disc1-1)
 レナート・ブルゾン(バリトン:Disc1-2,3)
 レオ・ヌッチ(バリトン:Disc2-8)
 ファルク・シュトルックマン(バス・バリトン:Disc1-8)、他

 ウィーン国立歌劇場管弦楽団&合唱団
 指揮:フィリップ・ジョルダン、ロベルト・アバド、ファビオ・ルイージ、ダニエーレ・ガッティ、シモーネ・ヤング、プラシド・ドミンゴ、アダム・フィッシャー、レオポルト・ハーガー

 録音時期:1998-2007年
 録音場所:ウィーン国立歌劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品