CD 輸入盤

デビュー・アルバム〜オペラ・アリア集 ベンジャミン・ベルンハイム、エマニュエル・ヴィヨーム&プラハ・フィルハーモニア

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4836078
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


次世代テノール界のスター、DGよりデビュー!

若々しく自信に満ち、現代的な表現に魅力のある、カリスマ的な“伝達者”ベンジャミン・ベルンハルトは今最もひっぱりだこのリリック・テノールで、スカラ座、ベルリン国立歌劇場、パリ・オペラ座、チューリッヒ歌劇場、ロイヤル・オペラ・ハウス、ウィーン国立歌劇場、ザルツブルク音楽祭など、世界中の劇場で主要な役を演じています。そしてさらに幅広い役にチャレンジしてレパートリーを広げています。
 パリ生まれでフランスの作品は特に大切にしていますが、英語やドイツ語も堪能。今回のデビュー・アルバムでは主にフランスとイタリアのロマン派オペラのアリアを採り上げ、愛や嫉妬、心の葛藤を抱えた様々な登場人物を演じています。『リゴレット』からの「頬の涙が」はベルンハイムが最も得意とする役のアリアで、2019年11月、ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場にこの役でデビューします。また、珍しいフランス音楽を好み、その素晴らしさをより多くの人に知ってもらいたいと、ここではダンテの「神曲」に基づくバンジャマン・ゴダールの『ダンテ』からの曲を収録しています。プラハ・フィルハーモニアによる演奏、首席指揮者エマニュエル・ヴィヨームの指揮で録音されました。(輸入元情報)

【収録情報】
1. マスネ:歌劇『ウェルテル』より「春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか」
2. ドニゼッティ:歌劇『愛の妙薬』より「人知れぬ涙」
3. グノー:歌劇『ロメオとジュリエット』より「L’Amour! Oui,son ardeur」
4. グノー:歌劇『ロメオとジュリエット』より「ああ、太陽よ昇れ」
5. ヴェルディ:歌劇『椿姫』より「あの人から遠く離れて」
6. ヴェルディ:歌劇『椿姫』より「燃える心を」
7. チャイコフスキー:歌劇『エフゲニ・オネーギン』よりレンスキーのアリアへの導入曲
8. チャイコフスキー:歌劇『エフゲニ・オネーギン』より「青春は遠く過ぎ去り」
9. ヴェルディ:歌劇『リゴレット』より「さらわれてしまった」
10. ヴェルディ:歌劇『リゴレット』より「頬の涙が」
11. マスネ:歌劇『マノン』より「Instant charmant」
12. ヴェルディ:歌劇『リゴレット』より「目を閉じれば」
13. ドニゼッティ:歌劇『ランメルモールのルチア』より「わが祖先の墓よ」
14. ドニゼッティ:歌劇『ランメルモールのルチア』より「やがてこの世に別れを告げよう」
15. グノー:歌劇『ファウスト』より「私を貫いているのはなんという未知の不安なのだろう」
16. グノー:歌劇『ファウスト』より「この清らかな住まい」
17. ヴェルディ:歌劇『ルイーザ・ミラー』より「ああ! 自分の目を信じずにいることができたら」
18. ヴェルディ:歌劇『ルイーザ・ミラー』より「穏やかな夜には」
19. ゴダール:歌劇『ダンテ』より「Ah! de tout mes espoirs」
20. ゴダール:歌劇『ダンテ』より「Tout est fini」
21. ベルリオーズ:劇的物語『ファウストの劫罰』より「広大で奥知れぬ崇高な自然よ」
22. プッチーニ:歌劇『ボエーム』より「冷たい手を」


 ベンジャミン・ベルンハイム(テノール)
 プラハ・フィルハーモニア
 エマニュエル・ヴィヨーム(指揮)

 録音時期:2018年8月〜9月(1,3,4,7-20,22)、2019年5月(2,5,6,21)
 録音場所:プラハ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Tenor Collectionに関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品