LPレコード 輸入盤

This Is Telex (カラーヴァイナル仕様/2枚組アナログレコード)

Telex (テレックス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
LMUTEL30
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
リマスター,輸入盤

商品説明

1978 年ベルギーのブリュッセルで結成「ポップだけど、しっかりとしたサウンドを作り、ギターは使わない」、顔や髪型を音楽に合わせるような事を嫌がり「基本はスタジオにいること、そして外にいるときはマスクを被る」というポリシーを持つテレックス。
1978 年に発売されたクラシック「モスコウ・ディスコウ」は、テクノ黎明期のエレクトロニック・ミュージックへの布石的代表曲。時代に先駆けたこのトラックは、時が経つにつれて評価が高まり、同時代の他のエレクトロ・ポップが廃れゆく一方、テレックスの評価はさらに高まり続けている。本作『ディス・イズ・テレックス』(ベスト盤)は、「モスコウ・ディスコウ」や「ユーロヴィジョン」といった代表曲を始め、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、スパークスのカヴァー曲、未発表曲としてザ・ビートルズの「ディア・プルーデンス」とソニー&シェールの「ザ・ビート・ゴーズ・オン」のカヴァー曲が2曲、さらに日本盤CD にはボーナス・トラックとして「モスコウ・ディスコ」と「ユーロヴィジョン」の英語ヴァージョンを追加収録している。そして、マスターテープからテレックス自身によって新たにミックスとリマスターが施されている点も聴き所のひとつ。「我々はよりシンプルに、より優れた、よりテレックスらしいものを作るのさ。新しく音楽を作り始める感じだね、奇跡的だよ」(メンバー:ダン・ラックスマン)
2008 年にメンバーのマルク・ムーランが逝去したことで、テレックスは引退を発表。そんな悲しい経験を経た今、《MUTE》という非常にテレックスらしいレーベルと契約を結び、再発シリーズ第1弾として本作『ディス・イズ・テレックス』がリリースされる。
(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. The Beat Goes On/Off(*未発表曲)
  • 02. Moskow Diskow
  • 03. Twist a Saint-Tropez
  • 04. Euro-vision
  • 05. Dance To The Music
  • 06. Drama Drama
  • 07. Exercise Is Good For You
  • 08. L’ amour toujours
  • 09. Radio Radio
  • 10. Rendez-vous dans l’ espace
  • 11. Beautiful Li(f)e
  • 12. The Number One Song In Heaven
  • 13. La Bamba
  • 14. Dear Prudence(*未発表曲)

ディスク   2

  • 01. 上記収録曲を2枚のディスクに分けて収録予定

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品