CD

Time To Burn

Taking Dawn

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
RRCY21363
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
1ボーナストラック

内容詳細

80年代のLAメタルを彷彿させる、ラスベガス出身バンドのデビュー作。キャッチーな歌メロとコーラス・ハーモニー、メロディックなツイン・ギターを活かした演奏は初期ボン・ジョヴィに通じるところもあり、メロディック・メタルとはひと味違うヘヴィすぎず切れ味鋭いサウンドが懐かしくも新鮮。(保)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
アメリカはラスヴェガス出身の4人組。80年...

投稿日:2010/06/21 (月)

アメリカはラスヴェガス出身の4人組。80年代のメタルを今の音にミックスしたアリーナ・ロック。BON JOVIやSKID ROWが出てくるが、ネタばれは愛嬌か。FLEETWOOD MACのカヴァーJも、なかなか良い。 おすすめ・・・・・@ABDEGHI

つなさん さん | 岡山県 | 不明

0
★
★
★
★
★
このアルバムの「Time To Burn」をストリー...

投稿日:2010/04/27 (火)

このアルバムの「Time To Burn」をストリーミングで聴いた時に「あ、Baz良い曲書いたじゃん!」と思いました。それくらいボーカルのクリス・バビットのSkid Row時代のセバスチャン・バックに声が似ています。 「Close Your Eyes」もSkid Rowの「I Remember You」を髣髴とさせるし、「Take Me Away」なんかはBon Jovi、「Fight ‘Em With Your Rock」はMotley Crueです。 ここ最近、WigWamやSteel pantherなどL.A.Metalがバックグラウンドにあるであろうバンドがデビューをしていますが、その集大成ともいえるかもしれません。ラスベガスのバンドという事で、ShowBiz的にもビジュアル的にもPVを観る限り良いですし。 バンドとしても演奏面で安定感はピカイチだし、楽曲も申分無いです。 日本でこのバンドが売れない理由が見つかりませんが、レコード会社が余りパワープッシュしていませんね。ロードランナー・ジャパンさん!!このバンドを埋もれさせないでください!!!

メタリック さん | 東京都 | 不明

0

おすすめの商品