LPレコード

010

THE MAD CAPSULE MARKETS

基本情報

カタログNo
:
VIJL60110
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
LPレコード

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Introduction 010
  • 02. Come.
  • 03. Chaos Step
  • 04. Gaga Life.
  • 05. Jam!
  • 06. 雲-Kumo-

ディスク   2

  • 01. WARDANCE
  • 02. ××× can of this.
  • 03. BIT CRUSHERRRR
  • 04. THIS IS THE MAD STYLE
  • 05. GOOD DAY
  • 06. FLY HIGH
  • 07. NO FOOD,DRINK,OR SMOKING
  • 08. R.D.M.C

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
39
★
★
★
★
☆
 
9
★
★
★
☆
☆
 
6
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
前作の「OSC-DIS」2年ぶりの新作は、前作...

投稿日:2013/08/17 (土)

前作の「OSC-DIS」2年ぶりの新作は、前作の方向性から大きく変えることなく、さらに高みを目指した1枚

太陽の塔 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
'01年発表。Pro Toolsがフリー・ダウンロードされて...

投稿日:2009/05/05 (火)

'01年発表。Pro Toolsがフリー・ダウンロードされている。プラグ・インなどは基本的なものしか入っていないが、実に挑戦的太っ腹さ加減である。ダウンロード後、ノートPCにマイクが内蔵されていれば、基本的にどこででも音楽が作れることになる。楽器があればそれにこしたことはないが、楽器レスでも作れる。PCがすこぶる内部ハード、あるいはソフトの利便性を高めることによって、インナー・ワールドの具象化であった音楽を、場所が屋外であっても、またひとりという物理的限界にとらわれることなく作ることができる。THE MAD CAPSULE MARKETSは、デジ・ロックの申し子だと思われているフシがあるが、この集合体の本質は、バンド名の字義どおり、CAPSULE〜マユあるいは被膜におおわれたものを、MARKETS〜市場というアウト・サイドに解放するが、その文法は〜MADである、ということだと解している。前作から完全にPro Toolsレコーディングになった彼らだが、本作もハード(PC)を試しきるためのソフト(音楽)のUP的な音作りであり、それは清々しくもある音である。楽曲に充填するべき視点も、"御来光"から"ナノマシーン"までレンジの広さをきっちりと披露。USでのリリースも控えて、先端的なものの中にあるワールド・スタンダード性を射程に入れているのかもしれない。Eのようなベースのリフを骨格に持つアンビエントと観念性をミクスチュアした楽曲……この種の曲がワールド・スタンダードになる日はさはど遠くないと僕は思う。

0
★
★
★
★
★
自分の中ではMADベスト1のアルバム。雲の、...

投稿日:2006/08/24 (木)

自分の中ではMADベスト1のアルバム。雲の、静と動な感じのサウンドが死ぬ程かっこいい!!! ゆうこと無しなアルバム★☆

なじゅ さん | 東京都 | 不明

0

パンク/ハードコア に関連する商品情報

おすすめの商品