CD 輸入盤

Machine Gun Etiquette

THE DAMNED (ダムド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9338
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
とにかく@曲目からA曲目へと間髪入れずに...

投稿日:2010/10/29 (金)

とにかく@曲目からA曲目へと間髪入れずになだれ込む瞬間ったらよ!!!最高のエクスタシー。アルバム通して、そこ退けそこ退けと言わんばかりに、一直線に突っ走る。ギターは意外にメタリックで金属的。

がすたふ孫 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
キャプテン・センシブルはパンクの枠からは...

投稿日:2010/03/03 (水)

キャプテン・センシブルはパンクの枠からはみ出していたと感じておりましたので好んで聴いておりましたが、「ピストルズ」「クラッシュ」に傾いていた私は基本のダムドには結構ノーマークでした。随分後になって温故知新で熱を注ぎましましたが、彼等は「パンク&ニューウェイブ」みたいな感じがして、音楽的にもかなり早い時期にそのスタイルを次々と変化させつつフォロワーの私たちに挑んで行ったのだなと、今更ながらに感じます。このアルバムは日本盤、紙ジャケットで(当時の輸入盤に付いていたであろう)中袋まで忠実に再現してくれています。「ダウンロード」で音楽を聴く事では味わえない、アートワークもサウンドの一翼をになっているという事を実感させてくれます。彼等の生きて来たジェネレーションの疑似体験を望まれるなら、この日本盤はお勧めです。二枚目の「Music for Pleasure」に共感出来た方なら、間違いなく気に入ると思います。ちなみにこのアルバムではキャプテンは「リードギター」で、正にマシンガンの如く私たちを煽っています!ボートラ9曲入りの全20曲、62分06秒の圧巻ならばこの「日本盤」は本当にお買い得です。廃盤になる前にぜひ…。

microwave2_xtk さん | 千葉県 | 不明

3
★
★
★
★
★
ダムドの中で一番ヘビィで聴きやすいアルバ...

投稿日:2007/08/23 (木)

ダムドの中で一番ヘビィで聴きやすいアルバムかな? 今回のリマスターで今まで聴こえなかったセリフや楽器の音が浮き上がってる。しかしカッコ良すぎ

バードスーツ さん | 埼玉 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

THE DAMNED

76年にロンドンにて、キャプテン・センシブル (b)、ラット・スキャビーズ (ds)、ブライアン・ジェイムス (g)、デイヴ・ヴァニアン (vo)の4人により結成。同年、シングル『ニュー・ローズ』でデビュー。翌77年、1st『地獄に堕ちた野郎ども』発表。そして、ルー・エドマンズを迎え、2nd『ミュージック・フォー・・・

プロフィール詳細へ

THE DAMNEDに関連するトピックス

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品