CD

夢幻の果てに

THE ALFEE

基本情報

カタログNo
:
PCCA00712
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

決して時流に左右されず、自分たちの音楽を守り続けてきた彼らの、デビュー20周年を飾ったアルバム。圧倒的なグルーヴ、絶妙のハモリ&コーラス、そしてメッセージ性。どれを取っても20年かけなければ生み出せない“力”が、ここには確かに息づいている。(た)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
HR/HMが好きな方は、黙ってこの95年に発表...

投稿日:2012/05/23 (水)

HR/HMが好きな方は、黙ってこの95年に発表になったアルバムを是非聴いて下さい!!メタル、ハードロック、スラッシュメタル、メタルバラード、R&Rなどの楽曲が入ってますので、むっちゃ聴き応えのある作品でして、「悲劇受胎」や「幻夜祭」などがめっちゃお勧めのナンバーですよー!メタルに傾倒したアルバムは、84年発表の「ルネッサンス」もお勧めだが、まずは、この「夢幻の果てに」から聴く方が無難である。いやーっ、何回聴いても、実に良いアルバムだなぁー!!www

ROCKDOM さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
アルバム”JOURNEY”以降、バラード、アコギアルバムをリ...

投稿日:2002/11/03 (日)

アルバム”JOURNEY”以降、バラード、アコギアルバムをリリース、また”M-10”のヒットによりポップなアルバムになるのだろうと思っていたがいい意味で裏切られた。バラエティーにとんだ楽曲の構成は変わらないが以前のハードナンバーに増してギターの低音領域を存分に使ったリフ!”メタリカ”や”ザック”のようなゴリゴリ感で盛り立てている。”M-2”のパワー、”M-6”のメロディアス、”M-7”のスピード、”M-5””M-8”の哀愁、やはりギターリスト高見沢健在!!

フライングV さん | 日本 | 不明

0
★
★
★
★
★
プログレ色の濃さが強調されがちな本作です...

投稿日:2002/09/22 (日)

プログレ色の濃さが強調されがちな本作ですけど、名曲「幻夜祭」が2曲目に置かれるという強烈な配曲がこのアルバムのすべてを引き出していることが理由でしょう。ティーンエイジャー向けの歌詞はこれまでも多数創られてますけど、あえて激しくも美しいM-2のサウンドに乗せた高見沢氏のセンスは圧巻。 ミドルテンポながらずっしりと確立されたメロディが素晴らしいM-1や壮大なバラードM-5など、前半の流れはアルフィーでありながらアルフィーを超えてしまってるような完璧さ。 アルフィー史上の最高傑作とは思いませんが、日本のロック史上で最高

おず さん | 東京都 | 不明

0

THE ALFEEに関連するトピックス

おすすめの商品