CD

HIGHVISION

Supercar

基本情報

カタログNo
:
KSCL450
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ライトな音楽リスナーをたちまちコアなファンに変えさせ、“Supercar”の名を音楽シーンにしっかりと刻みつけた超破壊級アルバム。この『Highvision』は音楽シーンの未来への探求者たちSupercarの渾身の作品となった。前作『Futurama』をより鮮明に浮かび上がらせた愛のテーマ。メンバーのテクノ&トランスへの趣向が、Rovoの益子樹、砂原良徳により結実したスーパーコラボレート作品。繰り返される「愛」の言葉、透明な音の群像、すべてが美しく果てなく広がる世界。この作品を聴いて語る言葉なんてもはや無い!アドレナリンを刺激させる、21世紀に鳴り響く音楽、そして未来へ向かう音楽。
このアルバムの登場はデジタルとポップス音楽の可能性を大きく飛躍させた問題作にして傑作といえるだろう。作品毎に、これまでのギターポップバンドというイメージをことごとく壊してゆき、進化(変化)してゆく彼らの“Highvision”のその先は…。このアルバムに収録の「Yumegiwa Last Boy」は窪塚洋介×Arata主演の映画「ピンポン」(原作:松本大洋)のテーマ曲にも使用されて話題となった。



SUPERCARにしか見えなかった景色がここにある
青森が生んだ変幻自在型バンド、スーパーカーの4thフルALBUM。益子樹(ASLN、DUB SQUAD、ROVO)、砂原良徳をプロデューサーに迎えての今作は怒涛の三連発single「Strobolights」「YUMEGIWA LAST BOY」「AOHARU YOUTH」を含んだ彩り豊かな最高のポップアルバム。音響に傾いていくナカコーの楽曲と独特の韻を踏むいしわたり淳治の日本語詩が絡まるメルヘンポップワールド。

内容詳細

くるりと並ぶ“新・電子ロック”の推進者である4人が益子樹をプロデューサーに迎えた4枚目のアルバム。めくるめく壮大な景色に翻弄される快感。ギター・バンドとしての面影がほとんどなくなった今でもその本質はデビュー時と違えていないことを示す傑作。(平)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
80
★
★
★
★
☆
 
10
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
本当に光の彼方に行ってしまったかのような...

投稿日:2008/11/07 (金)

本当に光の彼方に行ってしまったかのような洗練されたアルバム。前作のほうがまだバンドでの演奏を感じられて好きだが、今作はただひたすら音楽が存在している感じだ。”Aoharu Youth”のメロディとアレンジの美しさ、そしてイントロのヒラヒラ音をループにしようと着想したのは正直天才じゃないかと思う。

waowao さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
最近知ってこのアルバムから聞きました。す...

投稿日:2008/03/23 (日)

最近知ってこのアルバムから聞きました。すごいです、いいです。 何の違和感もなく耳から脳に音が流れ込みます。 これが6年も前の楽曲とは驚きです。 storywriterはかっちょいいです

ぺろり さん | 東京 | 不明

1
★
★
★
★
★
これは当時衝撃を受けた作品。皆さんのレビ...

投稿日:2007/09/04 (火)

これは当時衝撃を受けた作品。皆さんのレビューにもあるように、今更書くのも鬱陶しいですがホントに綺麗な作品。音の一つひとつが優しくてキラキラしてます。間違いなく名盤だし問題作。明け方の爽やかな空気の中、ヘッドホンで聴きたい音楽。ロックアルバムではないけど、彼らは本当の意味でロックだったと思う。

tohki さん | japan | 不明

1

Supercarに関連するトピックス

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト