CD

Live At Royal Albert Hall (2CD+2DVD)

Steve Hackett (スティーヴ・ハケット)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IEZP82
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
2DVD付き, ライブ盤

商品説明

スティーヴ・ハケットのライフワーク、ジェネシス・リヴィジテッドの総決算!
英国コンサート・ホールを代表するロイヤル・アルバート・ホールでの圧巻のコンサートを完全収録! 高音質HQCDと映像DVDが合体したプログレッシヴ・ロック・ファン永久保存盤!

‘90年代に発表された『ジェネシス・リヴィジテッド』、2012年の『ジェネシス・リヴィジテッドII』。プログレッシヴ・ロック・バンド然としていた頃のジェネシスの音楽に敬意を示し、時代を再現しようとするトリビュート・バンドは世界中に存在するが、その時代を牽引してきた当の本人が再現する世界はまったく別次元。世界中のジェネシス、プログレッシヴ・ロック・ファンの熱い支持を得て異例のロングランとなったジェネシス・リヴィジテッド・ツアーは既に昨年『ライヴ・アット・ハマースミス』が発売されているが、本作はツアー終盤のハイライトとなった伝統的英国コンサート・ホールの頂点に立つロイヤル・アルバート・ホール公演を収めたもの。

前作以上の進化を遂げたジェネシス再訪の冒険の最大の到達点として大きな意味を持つ。前作『ライヴ・アット・ハマースミス』では演奏されず、本作で演奏された「カーペット・クローラー」、「リターン・オブ・ザ・ジャイアント・ホグウィード」、「さざなみ」等人気曲のセット入れ替え、ツアー終盤における完成度の高い演奏など聴き所、見所は多い

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

スティーヴ・ハケットのライフワークとも言えるジェネシス・リヴィジテッドの、総決算的な公演を収録したライヴ・アルバム。ジェネシスのナンバーを本人が再現するステージが熱い支持を受けて異例のロングランを記録。その魅力を余すところなく発揮した一枚。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
スティーブ・ハケット在籍時のジェネシスが...

投稿日:2015/02/07 (土)

スティーブ・ハケット在籍時のジェネシスがいかに素晴らしかったか今更ながら再認識させてもらえるコンサートですが、総体的にボーカリストが弱いと感じるのは、やはり傑出したボーカリストであったピーター・ゲイブリエルがその核であったことの証でしょうか。作品としては、70年代からプログレに傾倒し続けてきたものにとっては5つ☆ですが、DVD2に字幕が無い事(は、百歩ゆずって見れただけでも良い。としましょう)について、帯に記載がないことは引っかかります。せめてライナーノートに大意くらい載せていただければ、語学力に難のある多くの凡人に助けになったと思います。(先日リリースされた、ジェネシスのドキュメンタリで興味深いエピソードを知ることができ、「目からうろこ」であったばかりで、一層惜しいと思いました。)  添付の歌詞カードも、このパッケージを買うくらいの人たちには不要でしょ?! あのページが有れば抄訳とか、パーソネルの紹介くらい載せられますよね。 評価の減点は、その部分です。

nasso さん | 岩手県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Steve Hackett

言わずと知れた‘70年代の英国を代表するスーパー・グループ、ジェネシスの黄金時代を支えたギタリスト。1975年の『Voyage of the Acolyte』でのソロ・デヴューそして1978年のジェネシス脱退以降、実に30年近いソロ・キャリアを重ねてきた。その長い歴史の中で数々の紆余曲折や浮き沈みがありながらも常に第一級のクリエイティヴィティを発揮しながら質の高いアルバムを発表し続け今日へと至る。

プロフィール詳細へ

Steve Hackettに関連するトピックス

おすすめの商品