LPレコード 輸入盤

Fire It Up (アナログレコード)

Steve Cropper (スティーヴ・クロッパー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1002.050374
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

ブッカー・T&THE MG'S結成時のメンバーであり、スタックス・レーベルでオーティス・レディングやウィルソン・ピケットなど数多くのアーティストの楽曲に参加し、ブルース・ブラザーズの創設メンバーでもある、史上最高のソウル・ギタリストの一人、スティーヴ・クロッパー。その彼が何と1967年以来となる”スティーヴ・クロッパー“のソロ名義で新たなスタジオ・アルバムを完成!本物のソウルとグルーヴがここにある!!アナログLPも同時発売!

■ スタジオからステージ、さらには銀幕のスクリーンまで、ありとあらゆる場でギタリストとして、またプロデューサー、ソングライターとしてアメリカン・ソウル・ミュージックの歴史のあちこちで活躍してきた彼だが、今回リリースとなる、彼にとって通算12作目のスタジオ・アルバムとなる『FIRE IT UP』は、彼のまた新たな面をのぞかせる1作でもある。
「このアルバムは、これまで出ているどの作品とも異なっている」そう語るのはスティーヴ本人だ。「古いグルーヴが溢れているが、これはロックダウンの間、頭のなかに何年もあったものをいじっていた」彼は思いついた歌詞やギター・リフを後で使うためにファイルに保存したりはしないが、ずっと頭の中に浮かんでるそうで、いつでも取り出せるという。今作『FIRE IT UP』のきっかけとなったのは、今から遡ること10年ほど前のフェリックス・キャバリエとのセッションだったという。二人は、スティーヴ・クロッパー&フェリックス・キャバリエ名義で2枚のアルバムをリリースしたが、そのどちらの作品にもぴったりとこなかったものの、最高のグルーヴを捉えたトラックがあり、それをプロデューサーのJon Tivenがずっと保管していたという。そしてある時、そのJonがこれらを引っ張り出し、“これ結構いいよ”とスティーヴに連絡をしたという。そこからスティーヴはそのトラックをもとに、新たな曲のアイディアを加えたりして、楽曲を完成させたという。

■ そうして完成したアルバム『FIRE IT UP』は間違いなく、傑作と呼べる仕上がりとなっている。ヴォーカリストのRoger C Realeをフィーチャーした正統派R&Bナンバー「Fire it Up」から、ファンキーな「Bush Hog」、そして彼の王道サウンドとも呼べそうな「Far Away」まで、本作はスティーヴ・クロッパーのソロ名義の作品でありながら、アルバムに参加しているミュージシャンそれぞれのリズムはグルーヴ、そして音やそれぞれのソロ・パートが互いを引き立てあう、バンド作品でもある。ここにはギタリストとしてだけでなく、プロデューサーとしても長くシーンに関わってきた彼ならではの視点があるのだ。「これはバンド・メンバーが互いに競い合うような作品じゃないんだ・・・他の奴らを引き立てたほうがいい、輝かせたほうがね」実際、アルバム収録曲の「Go Getter Is Gone」について彼は次のように語っている。「(ヴォーカルの)Rogerが歌詞のほとんどを思いついたんだ。俺はリズムやグルーヴを考えたが、こうしたチームワークで曲を作る方がいいと思う」その言葉に、半世紀以上に亘ってシーンで活躍しながらも、自身の名義からなるソロ・アルバムをあまりリリースしてこなかった彼の哲学が見えてくるかもしれない。「バスケのチームが勝つとき、3ポイントシュートを入れた選手が偉いわけじゃない。彼がシュートできるように導いたチームが偉いのさ」

(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Bush Hog Part 1
  • 02. Fire It Up
  • 03. One Good Turn
  • 04. I'm Not Havin' It
  • 05. Out of Love
  • 06. Far Away
  • 07. Say You Don't Know Me
  • 08. She's So Fine
  • 09. Two Wrongs
  • 10. Heartbreak Street
  • 11. The Go-Getter Is Gone
  • 12. Bush Hog Part 2
  • 13. Bush Hog

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Steve Cropper

Staxレーベルのリズム・セクションとして有名なBooker T & MG'sのギタリストとして有名なSteve Cropperは、サザン・ソウル・ムーヴメントの影の立役者でもある。特にOtis Redingの「Dog of the bay」は有名でSteveのギターなくしてはこの曲は語れない。歌のフィーリングを崩さないスタイルは今も人気で、MG's脱退後はJeff Beck等のプロデューサーとし

プロフィール詳細へ

Steve Cropperに関連するトピックス

  • S.クロッパーの新作が凄いことに... MGズのギタリストとして知られる、スティーヴ・クロッパーの新作はファイヴ・ロイヤルズのトリビュート。ものすごいアーテ... HMV&BOOKS online|2011年08月08日 (月) 18:10
    S.クロッパーの新作が凄いことに...

R&B/ダンス に関連する商品情報

おすすめの商品