Steve Cropper
新商品あり

Steve Cropper (スティーヴ・クロッパー) プロフィール

Steve Cropper | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

’41年ミシシッピーに生まれ、音楽一家の中で育ったスティーヴ・クロッパーは、その土地柄もあって、幼い頃からカントリーやブルースに影響され、11歳の時にはメンフィスに移ってギターに魅せられ、独学でマスターするほどの早熟な少年期を送った。

プロとして活動を開始し、’58年、Charles Axton、Wayne Jackson、Don Nix、Jerry Lee "Smoochie" Smith、Donald "Duc" Dunn、Terry Johnson等とMar-Keysを結成。’61年「Last Night」の大ヒットを生み(R&Bチャート2位)、60年代のサザーン・ソウル・ムーヴメントの立て役者としてその名を馳せた。翌’62年にはBooker T.と出会ってMG'sを結成、 「Green Onions」がR&BチャートNo.1の大ヒットを記録、また、Stax/Voltのほとんどのアーティストのバックも務めるようになった。

作曲家としても、Otis Redding「(Sittin' On)The Doc Of The Bay」 Wilson Pickett「In The Midnight Hour」 Eddie Floyd「Knock On Wood」等の名曲を始め、John Lee HookerRay CharlesJimmy Reed等に楽曲を提供している。

MG's脱退後はプロデューサーとして活躍の幅を広げ、Jeff BeckMitch Ryder等を手掛け、ギタリストとしてもBlues Brothersを筆頭に、William BellStephen BishopAlabama等でその本領を発揮している。

愛器はテレキャスターで、ピックアップはミドルかフロント・ポジションを使う事が多く、リズム感覚が黒人のグルーヴを宿し、カッティングやリフに個性的なスタイルを持っている。音色はクリア・トーンが主。

最近ではBob Dylanのトリビュート・コンサートにMG'sとして参加する等、大物ギタリストとして各方面から尊敬を集め続けている。現在なナッシュヴィル在住。

%%message%%