Blu-ray Disc

ドキュメンタリー『マリア・カラス〜音楽の奇跡のようなひと時』、プッチーニ『トスカ』第2幕(1964)(日本語字幕付)(日本語解説付)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC9310
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc

商品説明


真に舞台に生きた絶対的ディーヴァ、マリア・カラス
彼女の音楽の奇跡のようなひと時を綴ったドキュメンタリー映像
日本語字幕付き/日本語解説付き


不世出のプリマドンナ、マリア・カラス。1923年にギリシャ系移民の両親のもとニューヨークで生まれ、本格的に歌手を目指すためにギリシャへと移住しアテネ音楽院で学び、その後プロとしての活動をスタートさせ、その類まれなる才能を徐々に開花させます。1951年にはスカラ座での『シチリア島の晩鐘』で大喝采を浴び、1952年にはコヴェント・ガーデンに『ノルマ』でデビュー。ドラマティックな歌唱と演技、その美貌で瞬く間に全世界に知られるディーヴァとなったマリア・カラス。また一方で富豪オナシスとの恋愛など、彼女の波乱万丈な人生は人々の注目を集めました。
 このドキュメンタリー映像は、マリア・カラスが1964年、久々に舞台に復帰を果たしたコヴェント・ガーデンで行ったフランコ・ゼフィレッリ演出による『トスカ』の公演に焦点を当てて、それをとりまく当時の熱狂、彼女のスキャンダル、世間の評価などの報道映像を取り交ぜて、現代のオペラ関係者、歌手、評論家などのインタビューを収録した見応えのある内容です。インタビュー登場者としては、指揮者アントニオ・パッパーノ、オペラ歌手のローランド・ヴィラゾン、クリスティーネ・オポライス、トーマス・ハンプソン、アンナ・プロハスカ。そしてオペラ好きとして知られるロック歌手ルーファス・ウェインライト。デザイナーのウォルフガング・ヨープ。マリア・カラスの著書で有名なユルゲン・ケスティング。コヴェント・ガーデンのディレクターを務めていたブライアン・マクマスターらが語ります。
 またボーナス映像として、イタリアのオペラ指揮者、カルロ・フェリーチェ・チラーリオの指揮、演出は映画監督フランコ・ゼッフィレッリでおこなわれた1964年の『トスカ』第2幕の舞台映像。この『トスカ』は、直前の全曲上演とは別にBBCによるテレビ放送用のため第2幕のみ上演されたというものです。(輸入元情報)(写真 輸入元提供)

【収録情報】
● ドキュメンタリー『マリア・カラス〜音楽の奇跡のようなひと時』


 監督:ホルガー・プロイス
 インタビュー登場者:
 アントニオ・パッパーノ(指揮者)
 ローランド・ヴィラゾン(テノール歌手)
 ルーファス・ウェインライト(シンガーソングライター)
 クリスティーネ・オポライス(ソプラノ歌手)
 トーマス・ハンプソン(バリトン歌手)
 ウォルフガング・ヨープ(ファッションデザイナー)
 ユルゲン・ケスティング(音楽評論家、作家)
 アンナ・プロハスカ(ソプラノ歌手)
 ブライアン・マクマスター(音楽ディレクター)

● 特典映像 プッチーニ:歌劇『トスカ』第2幕

 マリア・カラス(トスカ)
 ティト・ゴッビ(スカルピア)
 レナート・チオーニ(カヴァラドッシ)
 ロバート・バウマン(スポレッタ)
 デニス・ウィックス(シャルローネ)
 コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団&合唱団
 カルロ・フェリーチェ・チラーリオ(指揮)
 収録時期:1964年2月9日(TV放送用ライヴ)

 収録時間:97分(本編52分、特典45分)
 画面:カラー&モノクロ、16:9、 HD
 音声:PCMステレオ
 字幕:本編(原語:英・独):仏韓日、特典(原語:伊):英独仏韓日
 Region All

 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。
 輸入盤・日本語帯・解説付

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品