Sonata Arctica

Sonata Arctica (ソナタ・アークティカ) プロフィール

Sonata Arctica | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

母国フィンランドのインディ・レーベルSpinefarmとディールを結び、1999年に1stフル「Ecliptica」でデビュー。翌年ミニ・アルバム「Successor」を発表、2ndアルバム「Silence」は前作以上のヒットを記録し、新世代HMの旗手として一躍シーンにその名を知らしめた。オーディションの末にヘンリク・クリンゲンベリを獲得しさらにスケールアップを果たしたバンドは、3rd「Winterheart's Guild」を完成させる。ワールド・ツアー終了後に、新たなマネージメントへ移籍、2004年に発表した4th「Reckoning Night」が日本を含めたヨーロッパ各国でスマッシュ・ヒット、母国フィンランドを含め各国で過去最高のセールスを記録する。続く通算5作目となる「Unia」を2007年にリリース。ヤニ・リマタイネンの脱退という、キャリア最大の危機に見舞われるが、旧知の間柄であったエリアス・ヴィルヤネンを正式メンバーに加え、ピンチをチャンスに変えることに成功。過去最高の規模となったこのツアーはバンドに著しい成長をもたらし、ここで得られた経験は、2009年リリースの6th「The Days Of Greys」へと反映されることになった。翌2012年には7th「Stones Grow Her Name」を発表。その後、パシ・カウッピネンを新ベース・プレイヤーに迎え8th「Parioah's Child」。2014年にデビュー15周年を迎えた彼らは、デビュー・アルバムを現編成にてセルフ・カヴァーした「Ecliptica - Revisited」を発表、初期アルバムからのセットリストにフォーカスしたツアーを行なうなど原点回帰を匂わせ、改めてメディアを通してシーンに大きくアピールしている。
(メーカー・インフォメーションより)

%%message%%