SACD 輸入盤

Ballads For Audiophiles (Hybrid SACD)

Scott Hamilton (スコットハミルトン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SACD175
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Italy
フォーマット
:
SACD
その他
:
輸入盤

商品説明

近年はイタリアに移住し、ヨーロッパを拠点に活動。Stunt、Blau、Organic Musicなど様々なレーベルで精力的に録音を行なっているアメリカのベテラン・テナー奏者スコット・ハミルトン。

こちらは、『I Could Write A Book』、『Who Cares?』、『Bean And The Boys』に続く、イタリアの高音質レーベルFone Jazz録音の4作目。

サックストリオによる前作『Bean〜』と同じく、ビル・エヴァンス系のリリシズムを汲むピアノ名手パオロ・ビッロやドラマーのアルフレッド・クレイマーを迎え、さらに今回はマッシモ・ファラオとの共演でも知られるベース職人アルド・ズニーノを加えたカルテット編成。

おなじみのスタンダードから、アントニオ・カルロス・ジョビン&ヴィニシウス・ヂ・モライスの名曲「Se Todos Fossem Iguais A Voce」まで、スコットの真骨頂ともいえるバラードプレイをたっぷりと堪能できる1枚。ハイブリッドSACD仕様。

メンバー:
Scott Hamilon(sax) / Paolo Birro(p) / Aldo Zunino(b) / Alfred Kramer(ds)

収録曲   

  • 01. Everything Happens To Me
  • 02. All Or Nothing At All
  • 03. The Gypsy
  • 04. Moon River
  • 05. This Is All I Ask
  • 06. Hey There
  • 07. The Shadow Of Your Smile
  • 08. Baby All The Time
  • 09. Setodos Fossem Iguais A Voce
  • 10. Goodbye

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Scott Hamilton

アメリカ、ロードアイランド州プロヴィデンス出身のジャズ・テナーサクソフォーン奏者。 フュージョン全盛の70年代後半からオールド・スタイルのテナー・サックス奏者として高く評価されている。

プロフィール詳細へ

Scott Hamiltonに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品