CD 輸入盤

Lovedrive

Scorpions (スコーピオンズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
822555
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明

『Tokyo Tapes』を最後に脱退したウリの後任としてマティアス・ヤプスを迎え入れた初のアルバムとなった6thアルバム(1979年発表)。一時期はマイケル・シェンカーの再加入も噂されたが、結果的に若手のアティアスの加入で落ち着いた。マイケルは「アナザー・ピース・オブ・シート」など3曲のみでゲスト参加。それまでの彼らのサウンドが変化し始めた内容になっており、アメリカ進出を視野に入れた活動が活発になった。

収録曲   

  • 01. Loving You Sunday Morning (05:39)
  • 02. Another Piece Of Meat (03:31)
  • 03. Always Somewhere (04:57)
  • 04. Coast To Coast (04:43)
  • 05. Can't Get Enough (02:37)
  • 06. Is There Anybody There? (03:58)
  • 07. Lovedrive (04:52)
  • 08. Holiday (06:32)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
傑作。ウリ脱退は彼らに商業的な成功をもた...

投稿日:2010/08/22 (日)

傑作。ウリ脱退は彼らに商業的な成功をもたらすこととなった。

sabbath sabbath さん | 広島県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
見た目(ジャケット)や曲の邦題のいい加減さ及...

投稿日:2007/12/21 (金)

見た目(ジャケット)や曲の邦題のいい加減さ及びウリ脱退が要因で、30年近く放っていた作品ですが、つい最近聴いて、「これ、いいじゃん」となった次第。「Virgin Killer」とも「Blackout」ともニュアンスが違う良作。重くないのが良い。

sman さん | 大阪 | 不明

1
★
★
★
★
☆
ウリ在籍時のアクの強さは無くなったが、マイケル参...

投稿日:2005/11/22 (火)

ウリ在籍時のアクの強さは無くなったが、マイケル参加で別の哀愁味が加わった。バラードも良い。「瞑想のレゲエ」は私は結構好きです。邦題は意味不明ですが。

わけし さん | 山形県 | 不明

1

Scorpionsに関連するトピックス

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品