Blu-spec CD

Brazilian Romance

Sarah Vaughan (サラ・ヴォーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICP20117
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD
その他
:
初回限定盤

商品説明

ミルトン・ナシメントとの出会いによって新しく見出された、ブラジル音楽への興味が結実した、後期サラの新境地を示した作品。淡淡と響くブラジリアン・リズムをバックに、ディーヴァ、サラがそのヴォーカリストとしての実力の全てを発揮して歌い上げた作品。サラ後期の最高作。プロデュースはセルジオ・メンデス。バックのミュージシャンの中には、George Duke、Tom Scottらフュージョンの最高峰のメンバーが含まれている。

内容詳細

「ラヴァーズ・コンチェルト」などで知られる彼女がブラジルの名曲ばかりを歌った87年のアルバム。トム・スコットなどの強力なメンバーを従えての名演で、スタイルが何であれ“サラはサラ”であることを思い知らされる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 高い再発盤を避けてゲット。原因不明。ジ...

投稿日:2009/08/08 (土)

 高い再発盤を避けてゲット。原因不明。ジャケDのすばらしさか?しかし中身の素晴らしさにのけぞりまくってレヴューします。このあたりハマルの避けてました。過去形だし・・。いやーー参りました。リマスター凄いけど、この基準でイマのヴォーカル比べると多分今月のお勧めナシになる月続出。いやーー参った・・。いやー凄いわ。(シツコイ)

レオブルー さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
ジャズとボサノヴァが好きな僕にはたまらな...

投稿日:2005/12/03 (土)

ジャズとボサノヴァが好きな僕にはたまらない1枚。 バックの演奏でジョージ・デューク、ヒューバート・ローズ、トム・スコット等が共演しているのも凄い。あのセルジオ・メンディスがM-4に関わっているのも豪華な背景だ。サラ・ヴォーンとしては軽快な仕上がり。

笑む・M・エム  さん | 川崎市 | 不明

0
★
★
★
★
★
学生の頃にバイトしていたレンタルCDショッ...

投稿日:2003/05/08 (木)

学生の頃にバイトしていたレンタルCDショップでこの作品に出逢ったのがsarahのファンになったキッカケでした。『So Many Stars』は何度聴いても涙がこぼれてしまう。しっとりとしてかつよく響く声にシビレますね。

floe さん | 東京 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Sarah Vaughan

 御三家の中でも抜きん出た抜群の声量と暖かい歌声、様々な分野の歌を全て自分のものにしてしまう懐の深さを持った不世出の歌手サラ・ヴォーンは、生涯前進をし続けたヴォーカリストだった。初期にレコーディングされた歌の中からポピュラリティのあるものが「マーキュリー」から、よりコンセプチュアルなものが「エマーシー」から発売された。この当時のレコーディングはいづれも「外れなし」の素晴らしさで、サラの第1期黄金時

プロフィール詳細へ

Sarah Vaughanに関連するトピックス

ジャズヴォーカル に関連する商品情報

おすすめの商品