LPレコード 輸入盤

Power Of Peace (2枚組/150グラムアナログレコード)

Santana & Isley Brothers (サンタナ & アイズレー・ブラザーズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88985448551
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

サンタナとアイズレー・ブラザーズによる情熱コラボ!ソウルフルでロックでピースフルな永久不滅の名曲カヴァー・アルバム

サンタナが初期メンバーと45年ぶりに結集したことが話題となった16年の最新作『サンタナW』にゲストで2曲のヴォーカルをとったアイズレー・ブラザーズのリード・シンガー、ロナルド・アイズレー。大いに意気投合し息の合ったコラボレーションを見せた両者が贈る今作は、ソウル、ファンク、ブルース、ジャズ、ポップスから選りすぐった永久不滅の名曲カヴァー・アルバム。デビュー以来、ラテン、ブルース・ロック、ジャズを融合させてきたカルロス・サンタナは、メキシコからサンフランシスコに移住した頃によくラジオから流れてきたアイズレー・ブラザーズの「ツイスト&シャウト」(ビートルズより先にカヴァーしヒット)をはじめとする彼らのサウンドの虜になり、一方のアイズレー・ブラザーズはメロウなコーラス・グループであると同時に、あのジミ・ヘンドリックスがツアーやレコ―ディングに参加していたことでもわかる通りファンク・ロック色も打ち出してきたグループで、彼らもまた70年代の飛ぶ鳥を落とす勢いにあったサンタナには畏敬の念を抱いていたという。尊敬し合うふたつのスーパーグループの融合メンバーはカルロス・サンタナ(ギター)、ロナルド・アイズレー(ヴォーカル)、シンディ・ブラックマン・サンタナ(ドラムス)、アーニー・アイズレー(ギター)で、本作に込めたメッセージは“愛と平和” の精神だ。半世紀以上活躍し続けるロックとR&Bの現役レジェンドががっぷり四つに組んだ濃厚ジョイント・アルバム!

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

SIDE A

  • 01. Are You Ready People
  • 02. Total Destruction To Your Mind
  • 03. Higher Ground

SIDE B

  • 04. God Bless The Child
  • 05. I Remember
  • 06. Body Talk

ディスク   2

SIDE A

  • 01. Gypsy Woman
  • 02. I Just Want To Make Love To You
  • 03. Love, Peace, Happiness
  • 04. What The World Needs Now is Love Sweet love

SIDE B

  • 05. Mercy Mercy Me (The Ecology)
  • 06. Let The Rain Fall On Me
  • 07. Let There Be Peace On Earth

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
カルロス・サンタナの 「Bucket list(バ...

投稿日:2017/10/23 (月)

カルロス・サンタナの 「Bucket list(バケット・リスト/死ぬまでにやっておきたい事リスト)プロジェクト」 の第1弾として実現したのが、この全13曲計67分の新譜アルバム… カルロス・サンタナ夫妻がロニー&アーニーのアイズリー兄弟とコラボした 「Power Of Peace」 ってことだとか…っていうか、毎週聴いているNPRのAlt.Latinoで、 今年2017年8月上旬の、 ちょうどこのアルバムが発売になった頃に、 「Making ’Power Of Peace’ With The Isley Brothers Checks One Off Santana’s Bucket List」 という、 カルロス・サンタナと、 今の奥さんでドラマーのスィンディ・ブラックマン・サンタナ、 そして、ロニー&アーニーのアイズリー兄弟の4人をゲストに迎えて、 この新譜アルバムに関する話を色々と聴きながら、 収録曲も5曲くらい聴けて…という特集放送回を聴いて、色々と、へぇ、 と思って興味が湧いて… 注文したのは9月以降になってからだったけど、漸く入手して、 実際に聴いてみて… 最初、上述の放送で、紹介された収録曲5曲ほどを聴いての印象では、 1979年の「Oneness: Silver Dreams - Golden Reality」 と今回の2017年の「Power of Peace」とに、 似たような雰囲気を感じる部分も色々とあったんだけど、 全13曲を通して聴いてみると、 アルバム全体のトータルとしては、必ずしも、そうでもなかった、 と思ったり。 多分、最終曲「Let There Be Peace On Earth」の曲の最後の、 チーンって音とか、その辺が、 「Oneness: Silver Dreams - Golden Reality」 の1曲目の「The Chosen Hour」とかを想起させる感じだから… そう感じたのかもな…と、 今回のアルバムを10回以上繰り返し聴くと同時に、 何度か「Oneness: Silver Dreams - Golden Reality」も聴き直してみた今は、 自分の中では、そんな風に納得してみたり。 …で、ともかく、先に収録曲全13曲の簡易メモをざっと羅列すると、 1曲目「Are You Ready」 は、The Chambers Brothersの曲(1968)のカバー。 2曲目「Total Destruction To Your Mind」 は、Swamp Doggの曲(1970)のカバー。 3曲目「Higher Ground」 は、Stevie Wonderの曲(1973)のカバー。 4曲目「God Bless The Child」 は、ビリー・ホリデイが1939年に歌い録音して以降、 世代を超え長年歌い継がれている古典的有名曲。 5曲目「I Remember」 は、コレはサンタナの今の奥さんが作った曲。 6曲目「Body Talk」 は、Eddie Kendricksが歌った曲(1975)のカバー。 7曲目「Gypsy Woman」 は、The Impressionsの曲(1961)のカバー。 8曲目「I Just Want To Make Love To You」 は、最初にMuddy Watersが歌った曲(1954)のカバー。 9曲目「Love, Peace, Happiness」 は、The Chambers Brothersの曲(1969)のカバー。 10曲目「What The World Needs Now Is Love Sweet Love」 は、最初にJackie DeShannonが歌った曲(1965)のカバー。 11曲目「Mercy Mercy Me (The Ecology)」 は、Marvin Gayeの曲(1971)のカバー。 12曲目「Let The Rain Fall On Me」 は、Leon Thomasが歌ったジャズ曲(1969)のカバー。 13曲目「Let There Be Peace On Earth」 は、1955年に作られた児童合唱団向け合唱曲のカバー…今でも世界中で、 クリスマスシーズン等に歌われている曲、だとか。 元々、クリスマス等に歌われるキリスト教圏での合唱曲なんだろうけど、 サンタナは、 インド他の東洋哲学思想系のスピリチュアル要素にも思いを巡らす人物なので、 仏教や瞑想系の東洋的音楽要素が組み込まれた感じのアレンジ になっているのが、 東洋と西洋との思想の融合とか和合を具現化する曲になっている気もして、 興味深い曲。 …ってことで、全13曲中、12曲は過去に誰かが創って歌われていた曲の、 カルロス・サンタナ版カバー曲で、 収録曲中、唯一のオリジナル曲は、サンタナの奥さんが創った 5曲目「I Remember」のみ。 因みに、この曲は、最初創られた時は、 彼女が失恋を経験した時に創った失恋の曲だったんだけど、 その後、彼女がカルロス・サンタナと出会って、 全く別の意味を帯びた、素敵なラブソングに生まれ変わった… そんな曲なんだとか。 …因みに、二人は、サンタナのツアーバンドのドラマーだった彼女に、 2010年7月に、 コンサートのステージ上でサンタナがプロポーズして、 2010年12月に、ハワイで挙式して今に至る、ってことらしい…。 で、この「I Remember」も、 最初は、ロニー・アイズリーが歌う曲として計画していたんだけど、 ロニーが、この曲は女性のリードヴォーカルが必要だ、 と言ったことで急遽、 ドラマーのスィンディが、 この曲でヴォーカリストとしてもデビューすることになった… という経緯があるんだとか。 …自分は最初、漠然と、この新譜アルバムは、カバー曲が多いみたいだけど、 オリジナル曲も数曲は混ざってるんだろうな、 と思っていたんだけど、よくよく確認してみると、オリジナル曲は、 この「I Remember」だけ…みたい。 みたい、という表現にしたのは、収録曲全13曲中12曲がカバー曲であることは、 間違いないんだけど、 自分自身が、ちゃんとオリジナル曲を聴いてよく知っていたのは、 ビリー・ホリデイの「God Bless The Child」 だけで、他にも有名だから名前を知っているアーティストは何人かいるけど、 その曲自体は聴いたことがなく初めてだ、 っていう曲ばかりだったので。 …ともかく、 収録曲に関して、そういうことだ、と分かってみると… 自分は、その… 上述の放送で、カルロス・サンタナが、 If you play this music in elevators, shopping malls, parking lots, CNN, in Europe or anywhere in the world, we will certainly elevate this planet into a place where we will see and witness world peace in our lifetime. このアルバムの曲が、 世界中の至る所で流されて、世界中の皆が聴けば、 (何時か分からない遠い未来に実現する理想の話ではなく) この地球上で世界平和が実現するのを、 自分達が生きている内に目の当りに出来る… そんな音楽を創りたくて、この新譜アルバム「Power Of Peace」 を創ったんだ…という想いを語っているのを聴いて、 あと、 その場限りの曲じゃなく、時が流れても永遠に残り続ける曲… John Lennonの「Imagine」(1971) や Bob Dylanの「Blowing In The Wind」(1963) や Marvin Gayeの「What’s Going On」(1971) のような、不滅、永遠、無限が詰まっている音楽を… と想って創ったのがこのアルバムの各収録曲だ、とも語っていて… ともかく、壮大な想いを抱いて創ったんだな、 と、へぇ、と関心が湧いたから、買ってみようかなと思ったんだけど… その、今回のこのアルバムは、 実際に聴いてみて… オリジナル曲で、永遠不滅に残る曲を、ってコンセプトじゃなくて、 過去の偉大な先人達の音楽・楽曲に敬意を払って、 サンタナが思う過去の偉大な楽曲群の中から、 ロニー・アイズリーの歌声に合う曲をピックアップして、 サンタナ流レンジを施したカバー曲として、 現代に新たな息吹を吹き込み再現する、みたいな…そして、 この自分達の楽曲を聴いた人達が、 心穏やかになり争いをやめ、世界平和実現に繋がって欲しい、 という… そういう想いが籠められたアルバムだったんだな、と分かってきたり… あの、付属のブックレットを開くと、 直筆で、 Absence of conflict is Peace. (争いがなくなり、平和が訪れんことを) と書かれているデザインに、なっているんで…。 まぁ、この表現には、言葉尻をとらえて、 「争いがなくなる=平和、ではない」とか異議を唱える人も、いるかもだけど、 ここでは、ソレは話の本質じゃないんでスルーして、 ともかく、コレは、サンタナの中にあった大きな夢の内の1つを具現化した、 そんなアルバムだったんだな、 というのは十分に分かって色々と興味深かったし… …まぁともかく、 コレまで特に縁がなくて知らなかったような過去の名曲について知る、 いいキッカケにもなったんで、 購入して聴いた甲斐は十分にあったんじゃないかな、 と、個人的には、満足しているし、 今後も、気長に末永く、聴き続けて楽しみたいな、 と…そんな感じです。

♂猫Junn-Junn さん | 東京都 | 不明

3

Santana & Isley Brothersに関連するトピックス

ソウル/ファンク に関連する商品情報

おすすめの商品