CD

Night Beat

Sam Cooke (サム・クック)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BVCM31084
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

今回リリースされるCDは亡くなる前年の1963年に発表したRCAでの通算8目にあたるアルバムで、”スモール・グループ”をバックにチャールズ・ブラウン作品を始め、彼のフェイヴァリット・ソングや自身のオリジナル曲を歌った代表作の中の1枚。主にブルースを歌ったものだが、その中にソウル・シンガーとしての精神が脈打っている作品で、ジョー・ターナーの代表作「Shake, Rattle And Roll」や「Little Red Rooster」、「Nobody Knows The Trouble I've Seen」など味わい深いブルースを聴かせている。

内容詳細

63年の作品。タイトルからも窺われるように夜、それもショーが終わって店を閉めた後のイメージで作られたアルバムだそう。キーボードをメインにした少人数のバンドを従えての自作曲3曲を含むブルージィな曲の数々は実にパーソナルで、静かに胸に迫る。(依)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
サムクックはベスト盤とライブ盤を持ってま...

投稿日:2011/12/20 (火)

サムクックはベスト盤とライブ盤を持ってますが、これが一番聴く回数が多いです。丁度いい長さで気軽に聴けるし、じっくり聴くこともできます。最後ロックンロールで締めるのも良いです。

MISS X さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
大好き! 俺の持っている盤は2が1曲目であ...

投稿日:2009/10/21 (水)

大好き! 俺の持っている盤は2が1曲目である。どちらがオリジナルの曲順か知らないが、この並びは違和感を感じる。

吉岡富万 さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
★
一曲目の歌い出しから鳥肌が立つ!”Live a...

投稿日:2005/02/07 (月)

一曲目の歌い出しから鳥肌が立つ!”Live at the Harlem Square Club”が引き合いに出されるが、僕もこのアルバムの方が好き。リズムセクションも素晴らしく、最高傑作と呼ぶにふさわしい!!

OR さん | Japan | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Sam Cooke

「Mr.Soul」、「オリジナル・ソウル・シンガー」、「ソウルを発見したシンガー」、「伝説的天才シンガー」Sam Cooke。ゴスペルで鍛え上げられたその喉と見事な節回し、そして卓越したソングライティング能力。Sam Cookeを聴く度思うこと、それはSamを超えるソウル・シンガーはいまだかつて存在しなかったし、これからも出てこないであろうということだ。

プロフィール詳細へ

Sam Cookeに関連するトピックス

ソウル/ファンク に関連する商品情報

おすすめの商品