CDシングル

赤い靴

Salley

基本情報

カタログNo
:
VICL36770
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CDシングル
その他
:
通常盤

商品説明

★ビクター2013年度 大型新人第一弾アーティスト、男女二人組のポップユニット 『Salley(サリー)』 デビュー!
全国フジテレビ系TVアニメ 「トリコ」 エンディング主題歌タイアップ決定!!

昨年の家入レオ第一弾Sg「サブリナ」でオリコン初登場9位をはじき出した全国フジテレビ系TVアニメ 「トリコ」 エンディング主題歌タイアップ決定!!アタマ(Aメロ)からいきなりひきつけるヴォイス、サビでグっと弾ける詞&メロ&コードワークの織りなす キュートなPOPセンスは、必ずや J-POPシーンで大爆発必至!!
乗り遅れませんようご注意ください!

♪「赤い靴」
呪いをかけられた赤い靴を履いてしまったために死ぬまで踊り続けるという、アンデルセンの同名童話と同じタイトルがつけられた1曲。肝となるのは、ドライブ感のあるギターのカッティングに導かれ、繊細で可憐なボーカルがエモーショナルに歌い描く、“本当は怖い”物語。この曲でうららが歌う<赤い靴>とは、ただ踊っていればよかった少女の時代と、現実世界へと歩き出すオトナ時代の狭間で戸惑う彼女自身の姿であり、音楽に魅了されてしまった自身の孤独と決意のメタファーでもあるのかもしれない。いずれにせよ、中学生までクラシックバレエを習っていたうららならではの1曲といえるだろう。快楽(ダンサブルなギター・サウンド)と毒(リリック)の奇妙でポップなバランスという、Salleyの原点ともいえる要素がもっとも顕著に感じられる1曲でもある。
(早川加奈子)


【アーティストプロフィール】
透き通るようなアイリッシュ感と哀愁を帯びたロックサウンドで、邦楽シーンの真ん中を射る極上ポップデュオ。日本人のシンガーには珍しい地声とファルセットを巧みに操るこぶしや唄い回しが洋楽的で、オリジナルな世界観を生み出している。
そのユニット名はアイルランドの伝統音楽「Down by the Salley Gardens」に由来する。
音楽性は既存の枠を超えた唯一無二の J−POPニューカマー。

□うらら ULALA □
大阪府出身。中学でアコースティックギターを始める。音楽に専念するため大阪市内の大学を中退し上京。シンガーソングライターとして活動する中でギターの上口と出会い、Salleyを結成。

□上口浩平 KOHEI KAMIGUCHI □
福井県出身。Salleyのギター、作曲、アレンジを担当。高校在学中に地元でバンドを結成し、8年間活動したが2009年に解散。上京してボーカルうららと出会う。

内容詳細

作詞とヴォーカルはうらら、ギター/作曲/アレンジを上口浩平が担当する男女二人組のポップ・ユニットのデビュー・シングル。疾走感あふれるギターのリズムに、ややアンニュイなうららの日本人離れしたヴォーカルとの一体感がいい。これからが楽しみなユニットの誕生だ。アニメ『トリコ』ED曲。(イ)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
耳が幸せになるような音楽。 幻想的で...

投稿日:2013/06/30 (日)

耳が幸せになるような音楽。 幻想的で少し陰のある絵本のよう世界観、うららさんの優しく透き通る歌声ももちろんそうだが、そこにポップさが加わっていることで、最高に心地よい楽曲になっている。 一度聴けばそのポップさに惹かれ、二度と三度と聴けばその世界観の虜になってしまう。 こんな楽曲をどこかで待っていた。

micarosu さん | 静岡県 | 不明

0

おすすめの商品