わすれられないおくりもの 児童図書館・絵本の部屋

S.バーレー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566002647
ISBN 10 : 4566002640
フォーマット
出版社
発行年月
1986年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22×27cm,1冊

内容詳細

誰からも頼りにされ、慕われていたアナグマが死んだ。かけがえのない友を失った悲しみで、みんなはどうしていいかわからない。でもアナグマは、野原のみんな一人ひとりに、すてきなおくりものをのこしていった…。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アナグマの仲間を思う気持ちがすごく伝わる...

投稿日:2012/12/30 (日)

アナグマの仲間を思う気持ちがすごく伝わるとてもいい本だと思いました。 子供に読み聞かせる本としても、また、子供が大きくなってから読み返しても感動できる素敵な本だと思いました。

なつお さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アサガオ先生 さん

    この絵本を読んで、子どもの頃、毎日、一緒にいて、口うるさく言われて、叱れて、嫌だと思っていた母親が亡くなった時、毎日待ち続けても帰るはずのない母の存在を失って初めて、心から大切で本当に愛しているのだと気づいた事がよみがえってきました。そして、何度も涙が出て止まりませんでした。そして、私の為にやってくれた数多くの愛情という繋がりを写真を見ながら思い出しました。死は、無くなるのではなく、私達の心に刻まれるものだと感じました。今も尚、母は私の中に生きています。今度は私が親として、子どもにメッセージを贈ります。

  • やすらぎ さん

    アナグマおじいちゃんは、最後に永い幸せな夢を見ることができた…。必ず訪れる生命の終わり。体は失くなるけれど、心は残り続ける。生前、モグラやカエル、キツネやウサギに大切なことを伝えてきた。悲しい冬が終わり、季節が変わり心は整理され、最後の雪が溶けたとき、「わすれられないおくりもの」を受け取ったみんなは、お互いに助け合い、心の中の宝物は力となって生き続けている…。みんな優しくありたい、穏やかに過ごしたいと思っている。ありがとうの一言で優しくなれるときもある。激動の日々の中、いかに心の温もりを保ち続けられるか。

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    お医者さんの待合席で読みました。生きるって、穏やかに 和やかに 優しく 親しく 親切に、そうやって生きてきた事が、その後もみんなの心に生き続けることなんだなー。…と、小学生のような感想になっちゃったけど、ほんとそう思います。アナグマさん またね。

  • アサガオ さん

    この絵本を読んで、子どもの頃、毎日、一緒にいて、口うるさく言われて、叱れて、嫌だと思っていた母親が亡くなった時、毎日待ち続けても帰るはずのない母の存在を失って初めて、心から大切で本当に愛しているのだと気づいた事がよみがえってきました。そして、何度も涙が出て止まりませんでした。そして、私の為にやってくれた数多くの愛情という繋がりを写真を見ながら思い出しました。死は、無くなるのではなく、私達の心に刻まれるものだと感じました。今も尚、母は私の中に生きています。今度は私が親として、子どもにメッセージを贈ります。

  • hnzwd さん

    名作。帰省のついでに再読。残された者達が思い出を語る事で、「居た」「生きた」という事はどういう事かを考えさせられる一作。思い出を語り、もらったものを糧として、前を向いて歩いて行くしかないのだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品