CD 輸入盤

Time For The Dancers

Russell Malone (ラッセル・マローン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HCD7305
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ラッセル・マローンのギター・カルテット
マローンの多彩な音楽性が表現された盛りだくさんな選曲


日本でも高い人気を誇る正統派ギタリスト、ラッセル・マローンのHigh Note 三作目。メンバーは前作『All About Melody』から変わらず、ピアノは2000 年代からメキメキと頭角をあらわすリック・ジャーマンソン、ベースは若手のLuke Sellick、ドラムは現代ジャズシーンの第一線で活躍するウィリー・ジョーンズ3 世。

スウィンギーなプレイに定評のあるマローンだが、今作では爽やかなポップ・チューンやブルージーなバラード、ファンク調まで、選曲の幅が広い。

1曲目「Time for the Dancers」はローランド・ハナの甘く切ないバラードで、マローンの丸く澄んだ音色とよく合う。2 曲目「Leave It to Lonnie」は基本ワンコード、繰り返されるベースラインと歪ませたギターのカッティングで、まさにファンク。熱く燃えるソロが聴ける。3 曲目「The Ballad of Hank Crawford」は8分の6拍子のブルージーなバラードで、チョーキングが炸裂する。5 曲目「Pocket Watch」は本作唯一の4 ビートで、最高にスウィンギーな演奏。また、ビリー・ジョエルの名曲「And So It Goes」から、ボビー・ハッチャーソンのオリジナル「Little B's Poem」まで実に様々。

甘くメロウなプレイから熱いファンクまで、マローンの多彩な音楽性が表現された作品。

Russell Malone (g)
Rick Germanson (p)
Luke Sellick (b)
Willie Jones III (ds)

収録曲   

  • 01. Time for the Dancers
  • 02. Leave It to Lonnie
  • 03. The Ballad of Hank Crawford
  • 04. There'll Be Another Spring
  • 05. Pocket Watch
  • 06. Theme from “Chico and the Man”
  • 07. And So It Goes
  • 08. Little B's Poem
  • 09. Flowers for Emmett Till

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Russell Maloneに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品