SHM-CD

Full Circle

Rupert Holmes (ルパート・ホルムズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VSCD3512
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
紙ジャケ

商品説明

廃盤続きで、中古市場でも高値が付けられていたルパート・ホルムズの7thアルバム。全体的なトーンはしっとりとしたミディアム・メロウで、まるで短編小説を読んでいるかのような流れが素晴らしい!!白眉はゆったりとした大河の流れのような男泣きのミディアムでタイトル曲の<06>。ホントに出会えてよかった最高の楽曲ですコレ!!他にもルパートらしい捨て曲なしのウイットに富んだ名曲揃い。クラブ方面では<01>、<03>、<06>にあるドラムブレイクがサンプリング・ソースとしても知られている。
英国生まれのルパート・ホルムズはニューヨークの音楽学校を卒業し、1970年にThe Street Peopleがヒットさせた(米36位)や、翌71年のThe Buoysの(米17位)、そして、当時、人気絶頂だったパートリッジ・ファミリーに多くの楽曲を提供するなどでコンポーザー&アレンジャーとして早くから才能を発揮してきた。74年にソロ・アルバム『Widescreen』でデビューを果たし、翌年、バーブラ・ストライサンドの『まどろみの昼下がり』をプロデュースしヒットさせたことで、不動の地位を確立。78年にAOR名盤として名高い『浪漫』を完成させ、都会の日常のひとコマをユーモアとウイットを織りまぜながら描き、その後のルパートの作風を決定付けた。そして、翌79年に<エスケイプ>(全米1位)、<ヒム>(全米6位)の大ヒットを生んだ『Partners in Crime』を発表。翌80年の『Adventure』を経て、81年に発表されたのがエレクトラ・レコード移籍第一弾の本作である。

収録曲   

  • 01. The End / ジ・エンド
  • 02. Loved By The One You Love / 素敵なパートナー
  • 03. Perfect / パーフェクト
  • 04. You Remind Me Of You / ユー・リマインド・ミー・オブ・ユー
  • 05. The One Of Us / ワン・オブ・アス
  • 06. Full Circle / フル・サークル
  • 07. How Do You Do / ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ
  • 08. Love At Second Sight / ラヴ・アット・セカンド・サイト
  • 09. My Lover's Keeper / マイ・ラヴァーズ・キーパー
  • 10. One Born Every Minute / ワン・ボーン・エヴリ・ミニット

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
今更ながら初めて試聴しましたが、ロマンテ...

投稿日:2021/03/26 (金)

今更ながら初めて試聴しましたが、ロマンティックな楽曲が並んでおり、なかなか楽しめます。

ひーたん さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
あるカップルの10の恋の物語を歌ったアルバ...

投稿日:2011/02/05 (土)

あるカップルの10の恋の物語を歌ったアルバムで、1曲目がいきなりThe End、別れてそして...から始まるのですが、その1曲目が地味だったせいで売れなかったのかなと思ってしまう名盤。 全般的にストリングスが強調されクラシカルなムードですが、Rupertらしい佳曲がずらりと並んでいます。 このアルバム作成の前年に来日したこともあり、歌詞にTokyoが出てきたり、ジャケットには宮島の鳥居も書いてあります。個人的に彼はとてもお気に入りのアーティストの一人で、どのアルバムも好きですが、その中でもかなり出来のいいアルバムだと思います。

ひろ さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
 サークル・ゲームのように一巡して戻って...

投稿日:2010/12/12 (日)

 サークル・ゲームのように一巡して戻ってくる…(?)。  91年にリリースされたCDのクレジットには、”…このアルバムでは、10組のカップルについて、10のストーリー・ソングを作るより、僕は1組のカップルについて10のストーリーを書きました。”という自身のコメントが記されていました。  前作『アドベンチャー』では、メロディーよりもサウンドを先行させていたように感じましたが、このアルバムでは一転してメロディーに軸足を置いた楽曲が過半を占めていて、とってもメロウな作品集に仕上げられています。  オープニングのブルーな滑り出しに気を揉みましたが、センチメンタルな「素敵なパートナー」、タイトル通り完璧な「パーフェクト」、ミディアムな秀曲「フル・サークル」、聴かせるバラードの真骨頂「マイ・ラヴァーズ・キーパー」など、捨て曲なしの短編恋愛小説集となっています。  余談ですが、増え続けるCDの収納スペースがなく、こうした再発売に併せて旧盤は中古屋さんに売却しているのですが、このアルバムの91年リリース盤にはしっかりとした歌詞・対訳(本人のコメント訳も)が付いているため、それはそれで手放すことはできません。  

ねずみ さん | 山口県 | 不明

3

Rupert Holmesに関連するトピックス

おすすめの商品