Roxy Music

Roxy Music (ロキシー・ミュージック) レビュー一覧

Roxy Music | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

212件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 現存する90年代のリマスターは、今の耳には高圧過ぎて...

    投稿日:2019/09/03

    現存する90年代のリマスターは、今の耳には高圧過ぎて本作の持つ美しさを消してしまっている…。 ユニバーサルの本シリーズならジョージハリスンやクイーンのカタログは2000年代の最新リマスターを採用したUhqcdが出ているが、ロキシーの同仕様が出るまでは、オリジナルマスター採用の本作で楽しみたい。

    ホーペ さん |50代

    0
  • 邂逅のきっかけは坂本龍一教授が賞賛していたからだが...

    投稿日:2015/04/10

    邂逅のきっかけは坂本龍一教授が賞賛していたからだが、1000回以上は聴いたが隅々まで神経が行き届いた精緻なプロダクションで聴くたびに新しい発見がありまったく飽きない。 トーキングヘッズのリメイン・イン・ライトが存在しなかったら、このアヴァロンも存在しない。 ようやく、ビートルズを超えた‼️

    麻友子大好き さん

    0
  • わたしにとってのロキシー・ミュージックのイメージは...

    投稿日:2013/08/11

    わたしにとってのロキシー・ミュージックのイメージは、「カントリー・ライフ」とこのアルバムにつきます。最初、ブライアン・フェリーの独特のスタイルについていけなくて遠巻きに見ていたグループでした。苦手意識を通り越して、楽曲のカッコよさに震えたのが前作の「スリル・イット・オブ・オール」と、「ラブ・イズ・ザ・ドラッグ」「ボス・エンズ・バーニング」でした。正統派ブリティッシュ・ロックのユーザーからすると、初期2枚のロキシーはスカスカで不安になる音です。彼ら特有のねっとりした感触を失わずに、ジョン・グスタフスンの強靭なベース、エディ・ジョブスンの彩りを加えたこの時期の音は、実に堂々としています。 表紙のデザインがまた素晴らしい。「ストランデッド」から続くアウトドア美女シリーズですが、一挙にギリシャ神話のモチーフです。しかも船乗りを難破させる故事だけならず、モデルがフェリーを実際の奈落に突き落とす、という出来過ぎたストーリー。失恋してもいいんだ。こんな失恋からの回復もあるんだ。という勇気づけにもなってしまう、各曲とフェリーの存在感であります。

    tasuke さん |50代

    2
  • わたしは以前プログレ者で、ロキシーのアルバムでは、...

    投稿日:2013/08/11

    わたしは以前プログレ者で、ロキシーのアルバムでは、これだけを所持していました(結局その後全アルバムを購入することになるんですが)。それぐらいエディ・ジョブスンの演奏比重が高いライブです。そもそも、ロキシー・ミュージックのライブって何を売りにしてたのだろうと思います。もちろんビジュアルに特徴あるグループではありますし、踊れる曲も多いです。(…が、別にクラブでドサ回りをしていたわけではありません。)ブライアン・フェリーが「失恋常習者」という名の道化を演じ、それをロキシー一座が大真面目に盛り上げて笑いをとる…そんなコンセプトだったと思います、当初は。 ジョン・ウェットンが呼ばれてかなりベースをオーバーダブしているようですが、テクニカルな演奏に見せたいという意図が読み取れます。エディ・ジョブスンがクラビネットを弾いている部分もあって、ノリを強調したかったのでしょう。ロキシーのはじめてのユーザーで、このライブから入る人がいたとしたら、少々グループのニュアンスと違う演奏だと申し上げておきたいです。そもそもテクニックと別のところで彼らの存在意義があるはずなので。

    tasuke さん |50代

    1
  • ハイレゾ音源を楽しみに発売前から予約してました。仕...

    投稿日:2013/01/15

    ハイレゾ音源を楽しみに発売前から予約してました。仕様が2転3転して結局こういうセット内容になってしまったのは悔やまれ星4つにしましたが、フラット・トランスファーに関しては歓迎してます。リマスター・エンジニアの解釈で Cトーマス&JパンターやBクリアマウンテンのサウンドメイクに修正や脚色が加えられて楽しめたかどうかは疑問ですから。 オリジナルのアナログマスターのダイナミックレンジを活かすには2Bit程度のヘッドマージンは必要なので音圧が押さえ気味なのはある種必然です。リマスター版「AVALON」と比較すると細部のディテールやアーティキュレーションはずっとダイナミックです。コンプレッションでレベルが揃ってしまってデリケートな表現部分が失われることもありますから、フラット・トランスファーというマスタリングを選択したことを評価しています。

    redfodera さん |40代

    5
  • ロキシー、久方ぶりに全アルバムを聴きました。ずいぶ...

    投稿日:2012/12/28

    ロキシー、久方ぶりに全アルバムを聴きました。ずいぶん年を経て聴いても、ロキシーはやはりすばらしかった。LPのジャケットではシングルの袋だったものもすべて二つ折りになっていて、制作者の意気込みを感じます。さらに音質ですが、これまた素晴らしい。怒濤のように押し寄せる初期の暴力的な音も後期の洗練されたスマートな音もともに素晴らしい。ボリュームが低く抑えられて、あれっ、と思いますが不思議なことにボリュームを上げるほど表現力が増していきます。音が悪いと思われている方、ぜひ音量をあげてみてください。ブライアンフェリーもフィルマンザネラもアンディーマッケイも見事に蘇っています。私の感覚ではビートルズのリマスターよりもいい仕事がしてあると思います。70年代のデビッドボウイとともに燦然と輝いていたロキシーミュージックに再会できてうれしいです。ボウイは出ませんか?

    gifu城 さん |50代

    5
  • あくまで現時点では噂だが、デビュー40年を記念してBBCセ...

    投稿日:2012/11/01

    あくまで現時点では噂だが、デビュー40年を記念してBBCセッション・アウトテイク・デモ音源に未発表写真を収録した1stアルバムのデラックス・エディションのリリースが計画されているという。ROXYのアルバムは全て名盤なのだから、全作にデラックス・エディションが作られても何もおかしくはない。それならこのBOXは何の為のリリースだったのだろう?彼ららしい美麗なブックレットも何もなく、リマスター担当者のクレジットもない。外箱はまだしも紙ジャケの質なら前にでた日本盤の方がはるかに出来がいい。フラット・トランスファーというリマスタリングの是非はともかく、この抑え気味の音圧に満足する人はどれ位いるだろう? ROXY関連の商品にこんな評価をしなければならない時代が来るとは・・・。大衆がどんどん音楽から離れていくのは当然である。

    WEATHER BOX さん |40代

    7
  • 10枚組のセットものが出たばかりのタイミングでなぜ5...

    投稿日:2012/10/14

    10枚組のセットものが出たばかりのタイミングでなぜ5枚組かと思ったら、10枚組から外されていたライブ盤2枚をかませていた。 お手持ちのロキシー作品の状況しだいでは買い得のこのセットです。 すでに各作品をお持ちの人であれば無用のこの5枚組。 価格と組み合わせ内容を考えれば星4つでしょうか。音のほうはわかりません。

    30ラロッカ さん

    1
  • アヴァロンツアーは福岡で観た。 ステージと客席の間...

    投稿日:2012/10/14

    アヴァロンツアーは福岡で観た。 ステージと客席の間にはブラインドが降ろされ、初めはブラインドの向こうで演奏していた姿が徐々にブラインドが上げられメンバーの姿が見えてくるという演出だった。 だんだんと服が乱れてくるフェリー、意外と長身だったマンザネラ、紳士的だったマッケイ。楽しそうにステップしながら演奏するアランスペナー。そして一番目立っていたのが、ドンスコドンドンドンピシャピシャとビシビシドラムをたたくアンディニューマーク。少し前までジョンレノンと仕事をしていたアンディを見てみたかったというのもありました。ジョンのあの事件がなかったら、ジョンと一緒に福岡に来ていたはず。 曲ではCan’t Let Go、Like aHarricaneが盛り上がった。アヴァロンからの曲も落ち着き、風格がありよかった。 このライブ盤であのころの様子がよみがえります。ライブ盤としては上出来の部類です。

    30ラロッカ さん

    0
  • ロキシーの最高傑作といえば、次作の「アバロン」を挙...

    投稿日:2012/10/01

    ロキシーの最高傑作といえば、次作の「アバロン」を挙げる方が多いのですが個人的には、このアルバムのほうが好きです。「アバロン」は、優雅で誰が聴いてもよくできたと思えるアルバムで、最初は、愛聴していたのですがだんだんあざとい演出が鼻につく感じがして、今ではこのアルバムのほうが愛聴盤になっています。「アバロン」ほど派手なところがなくどちらかといえば硬質で自然なイメージですが、どの曲も味わい深く、構成がしっかりしているので、飽きがこないスルメのような内容です。ビートルズでいえば「ラバーソウル」に近いかな。ジャケットデザインも渋いです。でも当時は、英1位にランクされてましたよ。「アバロン」のせいで陽があたっていない感じがするけどもっと評価されてもいいアルバムです。

    黒コート族 さん |40代

    4

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%