12inchシングル

Living In A Ghost Town【輸入盤国内仕様】 (カラーヴァイナル仕様/10インチシングルレコード)

Rolling Stones (ローリング・ストーンズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UIJY75167
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
12inchシングル
その他
:
限定盤

商品説明

解説歌詞対訳付

日本時間4月19日(日)にWHO(世界保健機構)とGlobal Citizen主催、レディー・ガガ(Lady Gaga)のキュレートの元に行なわれた『One World: Together At Home』チャリティー・コンサートに出演し、1969年発表のアルバム『レット・イット・ブリード』に収録されているナンバー「無情の世界(You Can’t Always Get What You Want)」を披露し、その存在感の凄さを改めて知らしめたザ・ローリング・ストーンズが8年振りとなる新曲を発売。

この曲はミック・ジャガー/キース・リチャーズ作品で、以前から新作のアルバム用にロス、ロンドンでレコ―ディングしていた楽曲で、“ロックダウン”が始まってからは個別に作業して完成させたもの。

新型コロナウィルスの世界的流行によって5月8日からスタートする予定だった〈No Filter Tour〉をやむなく延期したザ・ローリング・ストーンズだが、ロニー・ウッドがいち早く“ステイ・ホーム”の推奨やNHS(イギリスの国民医療サービス)への支援を打ち出すなどするなか、レディ・ガガが発起人となって4月19日に開催された新型コロナウィルス感染症対策支援コンサート〈One World: Together At Home〉に出演。4人のメンバーがそれぞれの場所からオンラインで共演するスタイルで「無情の世界」を披露(この日のパフォーマンスはコンピレーション・アルバム『One World: Together At Home』として配信中)し、世界中にエールを送った。

そんな彼らがオリジナルとしては2012年の「ドゥーム・アンド・グルーム」と「ワン・モア・ショット」以来8年ぶりとなる新曲「Living In A Ghost Town」を緊急リリース! (※シングルとしては2019年4月13日にレコード・ストア・デイ限定アイテムとして販売された10インチ・ヴァイナルの「シーズ・ア・レインボー(ライヴ)」以来)

ここのところ噂されていたニュー・アルバム用に取り組んでいた楽曲を、この機にメンバー各自が個別に作業を行なって仕上げ、4月23日(日本時間4月24日)に全世界に向けて発信することになった。ミック・ジャガー&キース・リチャーズのペンによるストーンズらしさ全開のこの「リヴィング・イン・ア・ゴースト・タウン」は、当面ストリーミングおよびダウンロードで配信されるが、6月にCDシングルと2枚の10インチ・ヴァイナルでも発売される予定。
(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. リヴィング・イン・ア・ゴースト・タウン

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Rolling Stones

今更改めて言うことでもないけれど、ローリング・ストーンズは半世紀以上に亘って活動しているロックンロール・バンドだ(ロックンロールの部分に、ある人はブルースを入れてもいいし、R&Bあるいはポップだって構わない)。この事実が意味するところは、現在居る彼らのファンの半数以上にとって、ストーンズとは、

プロフィール詳細へ

Rolling Stonesに関連するトピックス

おすすめの商品