CD 輸入盤

Black And Blue

Rolling Stones (ローリング・ストーンズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
39520
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1976
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

1976年発表の人気作! フェィセズに在籍していたロン・ウッドが加入しての最初のアルバム。ギターの刻みもイカすファンク・ナンバーM1や3に代表される当時新たなレベル・ミュージックとして注目されたレゲエの要素を感じさせるナンバーが印象的。英国のルード・ボーイたちが、ジャマイカの新しいスピリチュアルなソウル・ミュージックに刺激されたのは、当然の流れとして受け止められる。バラード的なM4などにも成熟を感じさせるなど、この年勃興するロンドン・パンク・ムーヴメントとストーンズは良くも悪くも対照的な関係だった。

収録曲   

  • 01. Hot Stuff
  • 02. Hand Of Fate
  • 03. Cherry Oh Baby
  • 04. Memory Motel
  • 05. Hey Negrita
  • 06. Melody
  • 07. Fool To Cry
  • 08. Crazy Mama

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
27
★
★
★
★
☆
 
9
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
バハマのスタジオやロニー・レーンのモービ...

投稿日:2018/02/23 (金)

バハマのスタジオやロニー・レーンのモービルスタジオを利用し制作したアルバム。国内盤は直輸入のメタル盤を使い音の良さをアピールした。 確か契約の関係で、日本初の東芝EMI発売ストーンズ作品となった。ビートルズとストーンズが同じ会社から…と話題になった当時が懐かしい。(笑) ロンドン・デッカ時代は「Let it Bleed」、ストーンズレーベル以降はこの「Black And Blue」が最高だ。

ハリアー黒 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
野球に例えよう! ホット・スタッフ⇒まず...

投稿日:2013/11/08 (金)

野球に例えよう! ホット・スタッフ⇒まずは初球、外角高めのボール。(1−0) ハンド・オブ・フェイト⇒2球目は、初球の外角に目がいった後の胸元への速球で空振り。(1−1) チェリー・オー・ベイビー⇒3球目は、外角低めのボール。(2−1) メモリー・モーテル⇒4球目は、落差が大きいフォークで空振り。(2−2) ヘイ・ネグリータ⇒5球目は、球が浮きボール。(3−2) メロディ⇒6球目は、外角低めカーブをファールチィップ。(3−2) 愚か者の涙⇒7球目は、内角低めのシュートをファール。(3−2) クレイジー・ママ⇒8球目は、内角高めの速球を空振り三振! そう、結局このアルバムには三振を喫してしまうんだ!(脱帽です!)

ブライアン さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
キース「あんた前になんかついてるで」ミッ...

投稿日:2013/04/09 (火)

キース「あんた前になんかついてるで」ミック「く・唇です」でおなじみB&BですがSACDで聴くと、ギターがクッキリまえにドン、キースのギターええなあと、おもったらW・ワクテルやないか「ハンド・オブ・」で弾いてるのは、それにしても「メモリー・モーテル」よろしいな、ワイこの曲好きでやるまで、95年のドーム公演6回行きましたわ、SACDできくとキーボードの音からグっときますな、シャーラーラーてとこでジーンとしまっせ、聴いておくれやす!

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Rolling Stones

今更改めて言うことでもないけれど、ローリング・ストーンズは半世紀以上に亘って活動しているロックンロール・バンドだ(ロックンロールの部分に、ある人はブルースを入れてもいいし、R&Bあるいはポップだって構わない)。この事実が意味するところは、現在居る彼らのファンの半数以上にとって、ストーンズとは、

プロフィール詳細へ

Rolling Stonesに関連するトピックス

おすすめの商品