CD

What Is This Thing Called Love: 恋とは何でしょう

Richie Beirach (リッチー バイラーク)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VHCD78090
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
紙ジャケ

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ジャズマンのスタンダードを 演奏しており...

投稿日:2007/07/11 (水)

ジャズマンのスタンダードを 演奏しており、その解釈が通りいっぺんではなく、 バイラーク、ムラツならではの料理がされていて、 有名曲がこんな風にと思わせる、興味深い一枚では?ドライヴ・グルーヴ・スウィングどの言葉が正しいかは是非聞いてご自身で判断されたい。ご機嫌な一枚でした。 リリシズムの後継者と言われているがそれだけではないバイラークを楽しめる素敵な作品!

古今亭 さん | 神明町会 | 不明

0
★
★
★
★
★
タイコのB.Hartを誰かのライブで聴き非常に...

投稿日:2003/02/14 (金)

タイコのB.Hartを誰かのライブで聴き非常に感動した経験があり購入したが期待どうり趣味の良いプレイで、ピアノは、あくまでもクールにリリカルに対し、それにベースがからむ。いいね。変にテーマを明確にするよりスリルがあってよい。ナーディスにおいてはエモーションをかんじる。しかしグッドバイのエンディングのバスドラ(?)のイッパツは何なのだろう。

アンクル ピー さん | sapporo | 不明

0
★
★
★
★
☆
前評判が良かったので購入しましたが、いい...

投稿日:2001/01/23 (火)

前評判が良かったので購入しましたが、いいといえばいいものの、なぜか今ひとつインパクトに欠けるところも。スタンダード曲を工夫してかっこ良く料理しているものの、アルバム全体を通してのコンセプト(らしきもの)が必要だったのでは?

りょう さん | 神戸市 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Richie Beirach

1947年5月23日米国ニューヨーク生まれ。ピアニスト。バークリー音楽院に学んだ後、70年代初頭からスタン・ゲッツやデイヴ・リーブマン、ジョー・アバークロンビーと共演、独自のリリシズムを打ち出した。80年代にはフレディ・ハバード、リー・コニッツらと共演。近年は自己名義のトリオによるリーダー作をコンスタントに発

プロフィール詳細へ

Richie Beirachに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品