CD 輸入盤

『Una Serata Venexiana』 カペラ・デ・ラ・トーレ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88985470112
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dhm
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ドイツのピリオド楽器管楽アンサンブル「カペラ・デ・ラ・トーレ」の新作

ヨーロッパで高い評価を得ている中世〜ルネサンス音楽を専門とするドイツのピリオド楽器管楽アンサンブル「カペラ・デ・ラ・トーレ」の新録音は、ジョヴァンニ・ガストルディ、オルランド・ディ・ラッソ、サロモネ・ロッシ、ファブリート・カローゾ、ガスパーロ・ザネッティなどの16世紀のルネサンスから初期バロックのヴェネツィア楽派の知られざる作曲家を中心に光を当てたものです。
 1521年の教皇レオ10世の死と1527年のローマ略奪により、当時のヨーロッパ文化の中心地であったローマから多くの音楽家が離れ、ヴェネツィアに移り住むようになりました。また印刷術の発展により16世紀初頭からヴェネツィアは音楽出版の中心地となり、フランドルやフランスの作曲家たちが新技術の恩恵にあずかるためヴェネツィアを訪れるようになりました。特にヴェネツィアではポリフォニーが重要視され、典礼音楽のいくつかをオルガンや合奏による器楽に置き換えることが行われていました。この時期の器楽曲では、使用楽器を明記していないものも多く、ソナタなどといった形式を生み、バロック音楽における器楽の隆盛のきっかけが作られました。当時の管楽器演奏家は「塔の番人」として管楽器を鳴らす音楽家としても雇われていました。塔の番人が都市の行事で演奏するようになると「都市楽師」として都市に雇われるようになります。都市楽師は徒弟制度によってたたきあげられた専門的な能力を持った人たちで、 数多くの楽器を演奏できる高い技術が要求され、また重要視されていました。「カペラ・デ・ラ・トーレ」はルネサンス時代の管楽器を使用し、ヴェネツィア楽派の作品を演奏することにより、当時の音楽の世界を実践再現するだけでなく、楽器と音楽の表現力をめいいっぱいに引き出しています。
 カペラ・デ・ラ・トーレは中世〜ルネサンス音楽を専門とするドイツのピリオド楽器管楽アンサンブル。2005年にミュンヘン生まれのオーボエ奏者カタリーナ・ボイムルによって創設され、16世紀スペインの作曲家フランシスコ・デ・ラ・トーレの名前と、中世の吟遊詩人が塔から音楽を奏でた故事にちなむスペイン語の「デ・ラ・トーレ(=塔の上から)」をかけて命名されました。実際に当時のニュルンベルクで活躍した音楽隊とほぼ同じ編成で、歴史的な演奏を実践する専門集団として高い評価を得ています。(輸入元情報)

【収録情報】
01. サラモーネ・ロッシ[c.1570-c.1630]:5声のシンフォニア
02. ガスパーロ・ザネッティ[c.1600-1660?]:大公のアリア
03. ニコロ・ピファッロ[1480-1566?]:Di lassar tuo divo aspetto
04. 作者不詳:美味しいパンだよ、焼きたてだよ
05. ジョヴァンニ・ジャコモ・ガストルディ[1554-1609]:主よ、私をお助けください
06. マルコ・ウッチェリーニ[1603-1680]:ソナタ、コレンテとアリア集 Op.4 より第2番『満足したルチミーニア』
07. ジャコモ・スピアルド[?-?]:Suono del Ballo de Cigni
08. ファブリティオ・カローゾ[1526?-1600?]:ヴィラネッラ舞曲
09. バルトロメオ・モンタルバーノ[1598-1651?]:シンフォニア第4番『嫉妬』
10. ジョヴァンニ・バッサーノ[1560?-1617]:ある日のスザンヌ
11. フィリッポ・アッツァイオロ[1530?-1569]:Come t'aggio lasciato, o vita mia
12. フランチェスコ・パタヴィーノ[1478-1556]:Dilla dal'acqua
13. ガスパーロ・ザネッティ[c.1600-1660?]:ベルガマスカ
14. バルトロメオ・コロンビ[?-?]:ベルガマスカ
15. サラモーネ・ロッシ[c.1570-c.1630]:Sonata duodecima sopra la Bergamasca
16. フランチェスコ・パタヴィーノ[1478-1556]:Le pur morte feragu / Venni gia la Bergamasca
17. ジュリオ・チェーザレ・バルベッタ[1549?-1600?]:Moresca quarta detta la Bergamasca
18. オルランド・ディ・ラッソ[1532-1594]:ある日のスザンヌ
19. マウリツィオ・カッツアーティ[1616-1678]:『ラ・マニャーニ』によるガリアルダ
20. アンドレア・ファルコニエーリ[1586?-1656]:パッサカーユ
21. ディエゴ・オルティス[1510?-1570?]:レセルカーダ・ルッジェーロ
22. サラモーネ・ロッシ[c.1570-c.1630]:シンフォニア・グラーヴェ
23. サラモーネ・ロッシ[c.1570-c.1630]:Gagliarda detta la Massara


 カペラ・デ・ラ・トーレ

 録音方式:ステレオ(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品