CD 輸入盤

Dancin' Undercover

RATT (ラット)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
81683
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Dance (04:17)
  • 02. One Good Lover (03:06)
  • 03. Drive Me Crazy (03:42)
  • 04. Slip of the Lip (03:15)
  • 05. Body Talk (03:44)
  • 06. Looking For Love (03:09)
  • 07. 7th Avenue (03:11)
  • 08. It Doesn't Matter (03:08)
  • 09. Take a Chance (04:00)
  • 10. Enough Is Enough (03:23)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
RATTといえば1stアルバムが有名だが、楽曲...

投稿日:2021/03/20 (土)

RATTといえば1stアルバムが有名だが、楽曲の充実度ではこのアルバムが個人的には1番だと思う。特に歌メロがキャッチーで素晴らしいと思う。

まさやん さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ボディ〜のソロは絶品。これのために所有す...

投稿日:2015/07/09 (木)

ボディ〜のソロは絶品。これのために所有するのも有りだが…、他曲はまさに金太郎飴状態?

ホーぺ さん | 兵庫県 | 不明

3
★
★
★
★
★
80年代初頭、L.Aを中心におきたいわゆる「L...

投稿日:2010/11/21 (日)

80年代初頭、L.Aを中心におきたいわゆる「L.Aメタル」ブームの波を引き起こした三大バンド(ラット、モトリークルー、ドッケン、)の代表作である。2010年、ここ日本でも評価が高くヒットした最新作は、まさにこの時代に彼等が作り上げたサウンドを意識しており売れるのも納得の出来だった。 ラットの場合ファンの多くは1stか2ndを支持する人が多く何故だかこの3rdは地味なイメージがあるが本作こそラットの最高傑作だと思っている。L.Aメタル=パーティーロックとゆう華やかなイメージが付きまとう中、バンドにブールース.フィーリングを持ち込んだ(G)ウォーレン.デ.マルティーニの功績は大きく、もう一人のギタリスト、ロビン.クロスビーとのコンビはメタル界でも指折りのコンビだった。基本的にラットの楽曲群はミドルテンポでヘヴィーに押し切る感じが多く(Vo)スティーヴン.パーシーのあの独特の声が楽曲に見事に絡み合い中毒性があるので彼の声で好き嫌いがハッキリ分かれるユニークなバンドでもあった。今一度、本作収録の楽曲を生のライヴで体感してみたい!!80年代が産み落とした名盤である!!!

蒼詩 さん | 三重県 | 不明

0

RATTに関連するトピックス

  • ボートラあり!RATT 5CDセット! RATT の1stから5thまでをセットにした5枚組。既に別の5枚組セットが発売済ですが、今回のセットにはボートラで... HMV&BOOKS online|2020年01月28日 (火) 15:00
    ボートラあり!RATT 5CDセット!

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品