CD 輸入盤

Atlantic Years 1984-1990 (Clamshell Boxset)

RATT (ラット)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
QHNEBOX132
組み枚数
:
5
レーベル
:
Hne
フォーマット
:
CD
その他
:
ボックスコレクション,輸入盤

商品説明

Five CD set. Taking inspiration from Aerosmith and Van Halen, Ratt originally formed in Hollywood in the mid-1970s, eventually releasing the independent 'Dr. Rock' single in 1980, before contributing a track to the highly influential Metal Masacre compilation in 1981, and their independently released, self-titled mini-album in 1983. But Ratt finally made their mark when Stephen Pearcy (vocals), Robbin Crosby (guitar), Warren DeMartini (guitar), Juan Croucier (bass) and Bobby Blotzer (drums) signed to Atlantic Records in 1984 for the Out Of The Cellar LP. Their tuneful hard rock found favor with both radio and on MTV, where clips for singles 'Round And Round' and 'Back For More' received heavy rotation. In 1985, Ratt followed up their full length debut with Invasion Of Your Privacy. Produced by Beau Hill (Alice Cooper, Kix, Winger, Warrant, Fiona, Europe). Ratts popularity wasn't confined to the States, as they would make fans as far afield as Japan, as well as inclusion on the UK's legendary Monsters Of Rock festival in 1985, on a bill featuring ZZ Top, Marillion, Bon Jovi & Metallica. Not wasting any time, and again with Beau Hill at the helm, Ratt released Dancing Undercover in 1986. Fourth album Reach For The Sky (1988) was the last album to be produced by Beau Hill, and was co-produced with Mike Stone (Queen). Their 5th record, 1990's Detonator, was the last album released by Atlantic and the final record to feature the classic line-up. Each CD in this set includes bonus material.

収録曲   

ディスク   1

OUT OF THE CELLAR (1984)

  • 01. WANTED MAN
  • 02. YOU’RE IN TROUBLE
  • 03. ROUND AND ROUND
  • 04. IN YOUR DIRECTION
  • 05. SHE WANTS MONEY
  • 06. LACK OF COMMUNICATION
  • 07. BACK FOR MORE
  • 08. THE MORNING AFTER
  • 09. I’M INSANE
  • 10. SCENE OF THE CRIME
  • 11. ROUND AND ROUND (SINGLE EDIT)(BONUS TRACK)

ディスク   2

INVASION OF YOUR PRIVACY (1985)

  • 01. YOU’RE IN LOVE
  • 02. NEVER USE LOVE
  • 03. LAY IT DOWN
  • 04. GIVE IT ALL
  • 05. CLOSER TO MY HEART
  • 06. BETWEEN THE EYES
  • 07. WHAT YOU GIVE IS WHAT YOU GET
  • 08. GOT ME ON THE LINE
  • 09. YOU SHOULD KNOW BY NOW
  • 10. DANGEROUS BUT WORTH THE RISK
  • 11. WHAT YOU GIVE IS WHAT YOU GET (SINGLE EDIT)(BONUS TRACK)

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
2020年に出た5枚組廉価盤。「Out of the ce...

投稿日:2020/07/07 (火)

2020年に出た5枚組廉価盤。「Out of the cellar」から「Detonator」までの5枚のアルバムを「LP」オリジナルジャケットの紙ケースで収録している。ラットはSpotifyで聴き放題なのだが、こうしてCDでリリースされることは嬉しい。このボックスもSpotifyにある。当時のファンが既に50歳を超えており、CDというフィジカルメディアで音楽に親しんだ世代なので「CDで出しても売れるだろう」と踏んだのだろう。(…その思惑通り、こうやって嬉々として買ってしまう50代のオヤジがいる訳である。笑)付録として、世界中で発売された国別のシングルレコードジャケット集がついており、日本語が入った日本国内盤もたくさん含まれている。ラットのファンの結構な率を日本人が占めていたことは想像に難くない。(DVDも日本公演のライブ映像だったりするし、そのDVDには日本人の若い女の子のファンがたくさん出てくる。ラットはメンバーのビジュアルで売っていたグループでもあるので、女性ファンの方が多かっただろうが、音楽的にも非常に洗練されたものであり、特にギターソロは今聴いても全く素晴らしく、私のように学生時代にコピーバンドをやっていた野郎も多いはずだ。)本ボックスはHNE RECORDINGSというイギリスのメーカーがライセンスを受けて販売しているが、おそらく新たにリマスタリングしていると思う。少なくとも音量調整はしており、CDのダイナミックレンジ目いっぱいに音量を上げているため、高音方面もより微細な音が聴こえるようになった。…少なくとも1990年代に出たCDよりは音質がかなりアップしている感がある。(…と書いた後、ライナーノートを読んだら、やはりリマスタリングされていた。…俺の耳、まだまだ使えるなぁ…。良かった。ロンドンにあるMasterpiece MasteringというプロダクションのTony Dixonという人だ。…殆どこの人の個人事務所みたいだが。)…こうして高音質で改めて聴くと、「デトネイター」のような全盛期を過ぎた後に出た盤にも高得点を付けたくなってくる…。(録音は大事なんですよ、ホント。)また、ボーナストラックも充実しており、シングルカット盤エディットなども収録するなど、既に単品で全アルバムを揃えている人にも購入メリットがある。これはどう考えても高評価になるなぁ…。(…しかし、インディーズでのデビューミニアルバムは会社が違うため、やっぱり再発されないねぇ…。このまま再発されないで終わるのかねぇ…。勿体ないなぁ…。)なお、紙ジャケットの裏面はLP発売時のもので統一しているため、「デトネイター」のような完全にCD時代に移行した後の音源でもLPのジャケットデザインを敢えて使用しており、A面・B面それぞれのタイトル表示になっている。30センチ四方のLPジャケットを12センチ四方のCDジャケットに縮小しているため、字が小さすぎて虫眼鏡がないと読めない。なお、「デトネイター」の1曲目は本CDでも”War in D”ではなく”Intro to Shame”になっている。…LP初出時は”Intro to Shame”ではなかったはずだ。”War in D”はギターソロだけの曲なのだが、これを担当したギタリストWarren DeMartiniの名前をもじっているのは間違いなく、権利関係の絡みで”War in D”は「なかったこと」にされ、無難な”Intro to Shame”というタイトルに置き換えられたのだと想像する。)また、「デトネイター」はジャケットデザインが輸入盤CDと異なっている。(左下のジャケット。)デトネイターとは「起爆装置」のことであり、このジャケ絵はまさに「起爆装置のボタンを押そうとする女性の手」になっており、こっちの方が好みだ。英語版ウィキペディアの「デトネイター」のページはやはりCD発売時のジャケットデザインが使われている。

めしあん さん | 群馬県 | 不明

2

RATTに関連するトピックス

  • ボートラあり!RATT 5CDセット! RATT の1stから5thまでをセットにした5枚組。既に別の5枚組セットが発売済ですが、今回のセットにはボートラで... HMV&BOOKS online|2020年01月28日 (火) 15:00
    ボートラあり!RATT 5CDセット!

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品