R. Kelly

R. Kelly (アール・ケリー) プロフィール

R. Kelly | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

本名ロバート・S・ケリー、1969年生まれのシカゴ出身。サウスサイドにある低所得者向け公営住宅で育った彼をストリート・ギャングから遠ざけたのはバスケットボール。ハイスクール時代、第二のマイケル・ジョーダンになることを夢見ていたケリーだったが、音楽教師リーナ・マックリンとの出会いが自身の音楽に対する才能を一気に開花させるきっかけとなった。

 その後も経済的に苦しい生活を送りながらも地道な音楽活動を続け、90年、地元シカゴのミュージカル・オーディションで(のちに彼のマネージャーとなる)バリー・ハンカーソンに見い出され、当時組んでいたグループ=MGMを解散。新たにJIVEレーベルと契約を結んだ。92年、コーラスとダンスを担当するパブリック・アナウンスメントを率いて“R.ケリー&パブリック・アナウンスメント”としてメジャー・デビュー。以降ソロ名義で発表された93年作『12 Play』、96年作『R. Kelly』は、共に500万枚以上のメガヒットとなり、「Sex Me, Pts. 1-2」「Bump N’ Grind」「Your Body’s Callin’」「You Remind Me of Something」「Down Low (Nobody Has to Know)」等のヒット・シングルを連発。セクシャル&センセーショナルなリリックと極上のメロディー、時代性を巧みに読みとったサウンド・プロダクション――その全てを兼ね備えた傑作群は人々を虜にし、R.ケリーは一躍“時代のR&Bセックス・シンボル”となった。アイズレー・ブラザーズをこよなく愛し、積極的にアイズレー・マナーを継承するケリーは、「Down Low (Nobody Has to Know)」でロナルド・アイズレーと共演。以来ふたりは実の親子以上とも思える連携を見せるようになる。

 シンガーとしての評価が高まる一方で、プロデューサー/ソングライターとしても幅広く活躍。アリーヤ(デビュー作『Age Ain’t Nothing But A Number』を全面プロデュース)、マイケル・ジャクソン(全米No.1シングル「You Are Not Alone」の制作)、メアリー・J・ブライジ(アルバム『Share My World』に制作参加)、ジャネット・ジャクソン(「Any Time, Any Place」のリミックスを担当)など多くの大物アーティストのヒット曲に携わり、一聴してすぐに“R.ケリー・プロデュース”と判るドラマティックな作風は90年代R&Bシーンに多大なる影響を与えた。また、90年後半には自身のレーベル=ロック・ランドを設立し、女性シンガー=スパークルらを送り出したほか、サウンドトラック『Life』のトータル・プロデュースを手掛け、マックスウェルに「Fortunate」のヒットをもたらす。

 98年発表の2枚組大作『R.』からはセリーヌ・ディオンとのデュエット「I’m Your Angel」が爆発的ヒットとなり(全米総合シングル・チャート6週連続1位)、アルバムもキャリア最多となる計600万枚のセールスを達成。さらに映画「スペース・ジャム」にも提供された「I Believe I Can Fly」で3つのグラミー賞を受賞。ジャンルを超えた“世界規模”のポップ・スターとしての地位を確立した。

 2000年には5作目となる『TP-2.COM』を発表。ここに収録されたストリート志向のヒット・シングル「Fiesta」等での共演がきっかけとなり、2002年3月にジェイ・Zと前代未聞の“コラボ・アルバム”=『The Best of Both Worlds』を制作。北米ではDEF JAM、インターナショナルはJIVEからリリースというユニークなジョイントのもと、厳重な管理体制が敷かれたにも拘わらず、発売前にマスター音源が流出。激怒したジェイ・Zがアルバム発売日を急遽“早める”というブートレッグ騒動が勃発。加えてアルバム発売直後にはR.ケリーの“セックス・テープ”スキャンダルが発覚し、米エンタテインメント界を揺るがす大事件に発展。結果、アルバム・プロモーションが事実上打ち切られるなど何かと話題の絶えない一枚となった(全米総合アルバム・チャート初登場2位)。

 スキャンダルにまつわる過剰な報道合戦が続く中、2002年6月には一連の容疑に対する裁判がスタート。ケリーは自らのアーティスト生命さえも危ぶまれる状況に追い込まれるが、彼の創作意欲が衰えることはなく、むしろ“自分には音楽しか残されていない”というある種の決意さえ感じさせるような、高クオリティーかつ斬新な作品を継続的に発表。2002年春にシングル「The World’s Greatest」(映画『Ali』のサウンドトラックに収録)、シングル「Heaven I Need A Hug」(“セックス・テープ”スキャンダル騒動に対するアンサー・ソングとも言われる)、そして2003年2月に最新アルバム『Chocolate Factory』を発表。先行カットされたファースト・シングル「Ignition - Remix」のヒットも手伝って、アルバムは総合アルバム・チャート、R&B/HIPHOPチャートの両方で初登場1位を記録。当時発売3週目だった50セント最新アルバム『Get Rich or Die Tryin’』を蹴落としての1位とあって業界でも大きな話題となったこのアルバムは、たった1週間で約54万枚(米国内のみ)という驚異的なセールスを達成した。

 シングル「Ignition - Remix」の大ヒットはヨーロッパへも飛び火し、UKシングル・チャートでも首位を記録。グローバルな人気を持つアーティストとしての側面と同時に、ケリーの一連のプロデュース作品(B2Kニヴェアジェニュワインセリーナ・ジョンソンアイズレー・ブラザーズ)も続々とチャート・インを果たすなど、ヒットメイカー/プロデューサーとしての飛びぬけた実力を業界内外に知らしめた。2003年8月からはアシャンティを前座に従えての全米ツアー『The Chocolate Factory Starring R. Kelly』もスタート、各地でソールド・アウトが続出。ファンのサポートに微塵の揺らぎもないことを証明してみせた。

 アルバム『Chocolate Factory』からは、「Ignition」以外にも、古きよきグルーヴを持った「Step In The Name Of Love」がブレイクし、シカゴ・ステッパーとしてケリーの新たな人気スタイルへと成長することになる。結果、彼はグラミー賞の2部門にノミネート(BEST MALE R&B VOCAL PERFORMANCE, BEST MALE R&B VOCAL PERFORMANCE)、ソウル・トレイン・ミュージック・アワードではBest R&B/Soul Album、 Male部門で受賞という成績を残す。

 こうして絶体絶命の大ピンチから不死鳥のごとく蘇ったケリーは、以前にも増して積極的に創作活動を続け、ジェニファー・ロペスジョーニック・キャノンキャシディーブリトニー・スピアーズなどにソングライト/プロデュース/リミックスを提供。とりわけ、それまでケリーとライヴァル視されてきたジョーから「More & More」(ケリー自身の海賊盤アルバムに収録されていたもの)の楽曲提供/プロデュースを依頼されたという事実は、現在のふたりの力関係を浮き彫りにする衝撃的なニュースだった。

 彼が抱える数々の問題に対する厳しい批判を乗り越えての『Chocolate Factory』の予想を裏切る大ヒット(300万枚)や、続いて同年にリリースされた初のベスト・アルバム『The R. In R&B Greatest Hits Collection: Vol.1』の好調ぶり(150万枚)は、彼の絶対的な人気を裏付けるのに十分すぎるほど。しかし、彼はそれでもなお立ち止まることなく、「Step In The Name Of Love」の続編的ステッパー・スタイルの「Happy People」や、「I Believe I Can Fly」路線のインスピレーショナルR&B曲「U Saved Me」を間髪おかずに発表。そして、世俗とゴスペルというこのふたつの世界を軸としたダブル・アルバムこそが、R.ケリーの新作『Happy People / U Saved Me』ということになる。

 いまなお、一連の裁判に忙殺される身でありながら、アーティストとしての輝きを一層強める摩訶不思議な存在であるR.ケリー。最新作は、この稀有な天才音楽家を理解する上で欠かせないアルバムであるのはもちろんのこと、音楽として純粋にすばらしい作品であることにも、もはや疑う余地はない。

%%message%%