Quella Vecchia Locanda

人物・団体ページへ

この商品の関連特集

SHM-CD

Quella Vecchia Locanda <SHM-CD/紙ジャケット>

Quella Vecchia Locanda (クエラベッキアロカンダ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BELLE203256
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
紙ジャケ, リマスター

商品説明

1970年代の叙情派イタリアン・ロックを代表するクエラ・ヴェッキア・ロカンダの72年発表のファースト。セカンドに較べるとハードな印象だが、ヴァイオリンをフィーチャーした、熱きパッションを感じられる名作として後世に語り継がれるべき作品。名曲「SOGNO, RISVEGLIO E…」収録。紙ジャケット、最新リマスター、高品質SHM-CDにての決定版的内容。


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

叙情派イタリアンロックを代表するクエラ・ヴェッキア・ロカンダが1972年に発表した1stアルバムの再発盤。代表曲「夢,目醒め,そして...」ほか、ヴァイオリンをフィーチャーした情熱あふれるサウンドが楽しめる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
名盤かどうかは別として、ヴァイオリン入り...

投稿日:2010/08/14 (土)

名盤かどうかは別として、ヴァイオリン入りのプログレ作品なら、「コンチェルトグロッソ」と共に真っ先に挙げられるレベルのもの。こういうのを聴くと、イタリア人が弾くヴァイオリンは、情感の入り具合が他と違う気がするし、少なくとも、こういう音ってイタリア人にしか出せないと思う。

フォルラン さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
☆
☆
☆
(↓)そう、名盤とは名ばかりでたいしたもの...

投稿日:2005/12/13 (火)

(↓)そう、名盤とは名ばかりでたいしたものではないという点は、ブリット/アメリカンロックの数ある“名盤”に同じ。次作よりも自由度あり。ジェスロ・タルなんかを思わせてこちらの方がイタリア好みには愉しいかも知れない(評価は無し、好尚の問題なので)。

ファンタジタジスタ さん | 日の本 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
楽器のバランスが悪く、正直聴くのが辛い。...

投稿日:2005/11/17 (木)

楽器のバランスが悪く、正直聴くのが辛い。きちんとマスタリングしたのか?そして肝心の楽曲だが、いかんせん初心者臭く強引でつまらない。(@やGなどは傑出して素晴らしいが)名盤とは名ばかりで大して良い作品ではない。…と俺は思うが。

KGB さん |   | 不明

0

おすすめの商品