この商品の関連特集

SHM-CD

Jazz 【限定盤】(2SHM-CD)

QUEEN (クイーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICY79543
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
限定盤

商品説明

クイーン結成50周年を記念して、長らく入手困難だったオリジナル・アルバム全15タイトルの【リミテッド・エディション】が、日本でのみ再発決定!!

2021年はジョン・ディーコン(b)が1971年にバンドに加入して、フレディ・マーキュリー(vo)、ブライアン・メイ(g)、ロジャー・テイラー(ds)という顔ぶれのクイーン最強のラインナップが完成してから50周年にあたる記念の年です。先ごろ発表された「第35回日本ゴールドディスク大賞」で、クイーンは3年連続4度目の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)」を受賞。1973年のデビュー当時から彼らを熱心に応援してきた日本とクイーンの特別な関係は有名な話ですが、バンドにとって重要な節目となる年に、長らく廃盤状態にあったオリジナル・アルバム全15タイトルの【リミテッド・エディション】の再発が決定。今回、日本でのみ再発が許可された【リミテッド・エディション】は、10年前の2011年、クイーン結成40周年を記念して、スタジオ録音のオリジナル・アルバム全15タイトルをグラミー賞受賞のマスタリング・エンジニアの巨匠ボブ・ラドウィックがリマスタリング、さらに貴重な音源を収録したボーナス・ディスクをそれぞれ追加したCD2枚組のスタイルで発売されたもの。これは長らく入手困難な状態にありましたが、日本のファンとクイーンの“ゴールデン・ジュビリー”(50周年記念)を祝うスペシャル・リリースとして、日本でのみの再発が決定しました。

■『ジャズ』(オリジナル発表年: 1978年)
『オペラ座の夜』までその任を担っていたロイ・トーマス・ベイカーを再びプロデューサーに迎えるなど、バンドの音楽性の再チェックと、1970年代の総括を試みたアルバム。先行シングルとしてカットされた「バイシクル・レース/ファット・ボトムド・ガールズ」のプロモーションではウィンブルドン・スタジアムに全裸の女性を集めて自転車レースを開催し、物議を醸しながらも話題を呼んだ。アラビア風ナンバーの「ムスターファ」やジョン・ディーコンのペンによる「セヴン・デイズ」、日本では度々CM曲として使われてきた「ドント・ストップ・ミーナウ」、ブライアン・メイの歌声が切ない「去りがたき家」など、さまざまな表情を見せるバンドの姿が実に魅力的だ。

ボーナスEPには収録曲の別ヴァージョンや1981年のモントリオール公演での「レット・ミー・エンターテイン・ユー」、「ドリーマーズ・ボール(アーリー・アコースティック・テイク)」など、5曲が収められている。

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ムスターファ
  • 02. ファット・ボトムド・ガールズ
  • 03. ジェラシー
  • 04. バイシクル・レース
  • 05. うちひしがれて
  • 06. レット・ミー・エンターテイン・ユー
  • 07. デッド・オン・タイム
  • 08. セヴン・デイズ
  • 09. ドリーマーズ・ボール
  • 10. ファン・イット
  • 11. 去りがたき家
  • 12. ドント・ストップ・ミー・ナウ
  • 13. モア・オブ・ザット・ジャズ

ディスク   2

  • 01. ファット・ボトムド・ガールズ(シングル・ヴァージョン)
  • 02. バイシクル・レース(インストゥルメンタル)
  • 03. ドント・ストップ・ミー・ナウ(ウィズ・ロング・ロスト・ギター)
  • 04. レット・ミー・エンターテイン・ユー(ライヴ・イン・モントリオール 1981/11)
  • 05. ドリーマーズ・ボール(アーリー・アコースティック・テイク 1978/8)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
21
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ジャケ買いした人も多いのでは・・自転車に...

投稿日:2021/03/01 (月)

ジャケ買いした人も多いのでは・・自転車に乗った大勢の中ジャケが印象的。もちろん曲も名曲揃いでDon’t Stop Me NowはCMでも多く使用されている大人気曲。

GuitarSolo さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
いきなりインド〜中近東辺りの音楽をクイー...

投稿日:2019/05/02 (木)

いきなりインド〜中近東辺りの音楽をクイーン流に料理した1曲『ムスターファ』に度胆を抜かれました。 このアルバムもいい曲が多くお気に入りの1枚ですが、ハイライトはやはり『バイシクル・レース』『ドント・ストップ・ミー・ナウ』でしょう。 コーラスワークの楽しさが存分に味わえるゴキゲンなナンバーだと思います。 『レット・ミー・エンターテイン・ユー』『デッド・オン・タイム』もカッコいいですね。

chill さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
「オペラ座の夜」でピークを極めた彼らが、...

投稿日:2019/04/24 (水)

「オペラ座の夜」でピークを極めた彼らが、またまた短時間でピーク越えをやってのけた印象です。わたしは当時とても驚きました。この人たちの限界点はどこになるのかと空恐ろしくさえありました。彼らの世俗的卑しさに焦点をあてたような構成で、「バイシクル・レース」のコンセプトやビジュアルは、とても下品です。ブライアンがヘンドリックスの「エレクトリック・レディランド」のビジュアルを真似たのかもしれませんが……。わたしが好きなのが、カントリー丸出し田舎ハードの「ファット・ボトムド・ガール」です。この曲の野太いベースや、どかどかドラムズには意味もなく凶暴な気持ちになります。ちなみに「ジャズ」は、洗練されたという意味でなく、混雑しているという意味合いのタイトルだと思います。わたしは、クイーン流幕の内弁当、しかも松・竹・梅の「梅」だと思います。

tasuke さん | 新潟県 | 不明

2

QUEENに関連するトピックス

おすすめの商品