この商品の関連特集

SHM-CD

Innuendo 【限定盤】(2SHM-CD)

QUEEN (クイーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICY79557
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
限定盤

商品説明

クイーン結成50周年を記念して、長らく入手困難だったオリジナル・アルバム全15タイトルの【リミテッド・エディション】が、日本でのみ再発決定!!

2021年はジョン・ディーコン(b)が1971年にバンドに加入して、フレディ・マーキュリー(vo)、ブライアン・メイ(g)、ロジャー・テイラー(ds)という顔ぶれのクイーン最強のラインナップが完成してから50周年にあたる記念の年です。先ごろ発表された「第35回日本ゴールドディスク大賞」で、クイーンは3年連続4度目の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)」を受賞。1973年のデビュー当時から彼らを熱心に応援してきた日本とクイーンの特別な関係は有名な話ですが、バンドにとって重要な節目となる年に、長らく廃盤状態にあったオリジナル・アルバム全15タイトルの【リミテッド・エディション】の再発が決定。今回、日本でのみ再発が許可された【リミテッド・エディション】は、10年前の2011年、クイーン結成40周年を記念して、スタジオ録音のオリジナル・アルバム全15タイトルをグラミー賞受賞のマスタリング・エンジニアの巨匠ボブ・ラドウィックがリマスタリング、さらに貴重な音源を収録したボーナス・ディスクをそれぞれ追加したCD2枚組のスタイルで発売されたもの。これは長らく入手困難な状態にありましたが、日本のファンとクイーンの“ゴールデン・ジュビリー”(50周年記念)を祝うスペシャル・リリースとして、日本でのみの再発が決定しました。

■『イニュエンドゥ』(オリジナル発表年: 1991年)
フレディ・マーキュリーの遺作にして不動の4人からなる“オリジナル・クイーン”最後のアルバム。すでに病魔に侵されていたフレディをメンバー全員で支えながら制作された本作は、かつての彼らが体現していた大英帝国の気品を取り戻したかのような内容となった。ジャケットはロジャー・テイラーの発案で、19世紀のフランス人画家、グランヴィルの作品をもとにデザインされている。死期を悟ったフレディによる鬼気迫るヴォーカルと、ひとつになったバンドが織り成すドラマティックで荘厳なサウンドが胸に沁みる気高き傑作。

ボーナスEPには1997年のコンピレーション盤『クイーン・ロックス』(原題はQueen Rocks)でリ・レコーディングされた「アイ・キャント・リヴ・ウィズ・ユー」や、アルバム未収録曲の「ロスト・オポチュニティー」、「ライド・ザ・ワイルド・ウインド」と「ヘッドロング」の仮歌ヴァージョン、「狂気の序曲」のマッド・ミックスなど、5曲が収録されている。

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. イニュエンドゥ
  • 02. 狂気への序曲
  • 03. ヘッドロング
  • 04. アイ・キャント・リヴ・ウィズ・ユー
  • 05. ドント・トライ・ソー・ハード
  • 06. ライド・ザ・ワイルド・ウインド
  • 07. 神々の民
  • 08. 輝ける日々
  • 09. 愛しきデライラ
  • 10. ザ・ヒットマン
  • 11. ビジュウ
  • 12. ショウ・マスト・ゴー・オン

ディスク   2

  • 01. アイ・キャント・リヴ・ウィズ・ユー(1997 ロックス・リテイク)
  • 02. ロスト・オポチュニティー(シングル「狂気への序曲」B面)
  • 03. ライド・ザ・ワイルド・ウインド(アーリー・ヴァージョン・ウィズ・ガイド・ヴォーカル)
  • 04. 狂気への序曲(マッド・ミックス)
  • 05. ヘッドロング(エンブリオ・ウィズ・ガイド・ヴォーカル)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
44
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
オリジナルメンバーでの実質最後のアルバム...

投稿日:2021/03/01 (月)

オリジナルメンバーでの実質最後のアルバム。音源からはフレディの体調がかなり深刻であることは、さほどうかがい知ることはできないものの、後から思えば表題曲をはじめ、もの悲しさが漂う涙なしでは聴けない作品。

GuitarSolo さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ショー・マスト・ゴー・オンの作曲はブライ...

投稿日:2019/03/27 (水)

ショー・マスト・ゴー・オンの作曲はブライアン中心ということを最近知って(確かにあの拙いキーボードフレーズはそれっぽい。大サビはフレディだと思います)、イニュエンドウも少なくともブライアンとロジャーの共作だろうから(ドゥー・イット・オーライとそっくりな構成)ブライアン色の凄く強いアルバムだと言えると思う。もちろんロジャーの輝ける日々も素晴らしい。逆にジョンはあまり曲を書いてないことに。消去法で言えばスライトリー・マッドしかなさそう(フレディっぽくもあるけどその割にはキーが低い)。 この傑作でブライアン色が強いということが面白い。やはりバンドは一人では出来ない。

kam さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
★
小生が中学2年の時、「キラークィーン」を...

投稿日:2011/12/03 (土)

小生が中学2年の時、「キラークィーン」を聴いて鳥肌が立って以来、洋楽にはまり、ロックにはまった。そんな私も、ラストナンバーまでの音のうねりは、涙なしには聴けない。フレディーの声は、まるで最後の魂を絞り出すように力強く、神々しい。ブライアン、ロジャー、ジョンの3人も渾身の演奏。ロックを愛する人には是非ご一聴を願う。

Nogu さん | 不明 | 不明

2

QUEENに関連するトピックス

おすすめの商品