CD

【中古:盤質A】 Day At The Races: 華麗なるレース

QUEEN (クイーン)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
帯付
:
HMV record shop オンライン

基本情報

カタログNo
TOCP67345
日本
フォーマット
CD

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

EMI紙ジャケット・キャンペーン2008“紙ジャケ祭”【再プレス商品】

クイーンが1976年に発表した通算4作目のアルバム。全英首位、全米5位を記録し、それぞれ長きに渡りチャートに位置した作品。内容のほうはジャケットの類似にも見られるように、前作にあたる名作『オペラ座の夜』のスタイルを踏襲したもの。日本語の歌詞を組み込んだ異色ナンバー”手をとりあって”を収録。

・クイーン・オリジナル・紙ジャケット仕様
・2001年デジタル・リマスタリング

収録曲   

  • 01. タイ・ユア・マザー・ダウン
  • 02. テイク・マイ・ブレス・アウェイ
  • 03. ロング・アウェイ
  • 04. ミリオネア・ワルツ
  • 05. ユー・アンド・アイ
  • 06. 愛にすべてを
  • 07. ホワイト・マン
  • 08. 懐かしのラヴァー・ボーイ
  • 09. さまよい
  • 10. 手をとりあって

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
31
★
★
★
★
☆
 
19
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
< Day At The Races 【デラックス・エデ...

投稿日:2019/05/06 (月)

< Day At The Races 【デラックス・エディション】で「You Take My Breath Away」を聴き比べてほしい >  YouTubeで、1977年のアールズ・コートでのコンサートで「You Take My Breath Away」を歌うフレディの横顔を見て一目ぼれ。歌の内容も、フレディの歌う様子も、切なくて素晴らしい! アルバム「Queen II」のスタジオ録音は、フレディがコーラスも全て自分で行ったとのこと。こちらのバージョンは・・・怖い!こわいよ〜助けて〜 ストーカーみたいなんです。歌詞の内容もストーカーにしか思えなくなってきます。 【デラックス・エディション】のボーナスEPには、1976年のハイド・パークでのコンサートのものが収録されています。怖いものではなく、切ないバージョンです。しかし、YouTubeでハイド・パークの「You Take My Breath Away」を見るとフレディの顔が怖い。(笑) ハイド・パークもいいのですが、1977年アールズ・コートの「You Take My Breath Away」もCDにしていただきたいと願っています。

ジェイミー さん | 長野県 | 不明

0
★
★
★
★
★
個人的には前作『オペラ座の夜』より好きか...

投稿日:2019/05/02 (木)

個人的には前作『オペラ座の夜』より好きかも。 『タイ・ユア・マザー・ダウン』はクイーンのロックナンバーで1,2を争うカッコよさだと思うし、『ミリオネア・ワルツ』はまさにフレディにしか作れない濃い(?)一曲です。 1番大好きな曲は『懐かしのラヴァー・ボーイ』 ポップスのお手本のような曲で、ちょっぴりセンチメンタルなメロディーがいいですね。 ジョン・ディーコン作『ユー・アンド・アイ』、ロジャー・テイラー作『さまよい』も地味にいい。 このアルバム、本当にいい曲多いです!!!

chill さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
夜はオペラで観劇、昼は競馬というのが大英...

投稿日:2019/04/24 (水)

夜はオペラで観劇、昼は競馬というのが大英帝国の上流階級。それにしては競馬に関する曲はひとつも出てきません。ロイ・トーマス・ベイカーに代わり彼ら自身がプロデュースを行っていて、つまりたった一作で制作作業のノウハウを会得してしまったわけです。派手な前作の続編という捉えられ方をしたせいか、地味な扱いを受けている作でもあります。「ボヘミアン・ラプソデイ」に比較できるのは「サムバディ・トゥ・ラブ」。誰も愛せない、愛したことがないという男が主人公で、これはひょっとすると「ラプソディ」主人公の後日譚なのかも知れないです。これだけ独自なストーリーを書けるフレディは、ほとんど読書なんかしなかったとか。彼にインスピレーションを与えていたのは何だったのでしょうか。あと「タイ・ユア・マザー・ダウン」は、彼ららしいハードロック。日本でのセカンド・シングル決定のとき、ラジオ番組でこの曲とほかの曲とを流して、電話投票で決定したことを覚えています。

tasuke さん | 新潟県 | 不明

0

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品